Apple Watch Series 6、処理速度と防水性能が向上か

2019年モデルがハードウェアにおける劇的な進化がなかった分、2020年は今年よりも違いを体感できるかも?

Apple Watch Using underwater

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2020年に登場するであろうApple Watch Series 6」は処理速度および防水性能が向上し、ワイヤレス機能も改良されセルラーおよびWi-Fi通信が改善されると予想している。

Appleはこれらの改良を、ポリイミドではなく液晶ポリマー(LCP:Liquid Crystal Polymer)を使用することによって実現する見通し。

処理速度の向上なんて当たり前では、と思う人もいるかもしれないが、「Apple Watch Series 4」と「Apple Watch Series 5」に搭載されているチップの処理能力は全く同じ。2019年モデルがハードウェアにおける劇的な進化がなかった分、2020年は今年よりも違いを体感できるかもしれない。

防水機能は、すでにスイミングのアクティビティを記録するほどの防水性能にはなっているものの、「iPhone 11 Pro」シリーズはIEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)になっていることから、同じ基準まで引き上げるのかもしれない。

Bloombergは今年10月、Apple Watch向けの睡眠管理機能が2020年に提供されると予想していた。

(Source: MacRumors

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. Aplle

    この間、シリーズ2からシリーズ5に変えて劇的にスピードアップしたのは分かりましたが、
    これ以上、変わってもほぼ気づかなそう(笑)

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索