Apple、「Touch Bar」搭載「Magic Keyboard」に関する特許を申請

Magic ToolBar Keyboard

「Touch Bar」はあってもなくても良いが、Appleは「MacBook Pro」に外部ディスプレイを接続してデスクトップのように使用する人のため「Touch Bar」搭載のキーボードを用意するべきではないだろうか。

Patently Appleによると、Appleが「Touch Bar」や「Touch ID」を搭載した「Magic Keyboard」に関する特許を申請していることが判明。将来的に「MacBook Pro 2016」のキーボードが独立したような次世代「Magic Keyboard」が登場するかも?!

「Touch Bar」はどちらでも良いが、「Touch ID」は絶対に欲しい

米国特許庁に申請された特許「Keyboard with an Adaptive Input Row」によると、ノート型Macだけではなくデスクトップ型Macのワイヤレスキーボードにも搭載することも検討していることが伺える。

Magic Keyboard with Touch Bar

実現を期待したいが、乗り越えなければならないハードルは多々ある。有機ELディスプレイを搭載する以上、現在の「Magic Keyboard」と変わらない電池持ちを実現する方法や、「Touch ID」というセキュリティの高いパーツをワイヤレスデバイスにどのように埋め込むかは考えなければならない。

iPhoneと連動し、iPhoneの「Touch ID」が利用できるだけでも十分なのだが、このような仕組みはセキュリティの観点から見るとダメなのだろうか。

もちろん、Appleはあくまでも特許申請をしただけであり、確実に「Touch Bar」搭載ワイヤレスキーボードを発表するとは限らないが、「MacBook Pro」が搭載した以上、「Magic Keyboard」にも同様の機能を実装してもらいたい。最近、新しいキーボードを開発しているという噂もあった。

正直なところ「Touch Bar」自体はそれほど活用する機会はないが、「Touch ID」に関しては一度使い始めるとパスワードを入力するのが煩わしく感じるほど便利。Appleは「Touch Bar」非搭載の「MacBook Pro」を開発中という噂もあるが、その場合は何が何でも「Touch ID」は残してほしい。

(via 9to5Mac