「MacBook Pro」の非Retinaディスプレイモデル、米国の直営店における展示を終了か

MacBook Pro Non Retina

ついにRetinaディスプレイを搭載しない「MacBook Pro」が生産終了に近づいているかもしれない。

AppleInsiderによると、Appleはアメリカの直営店から「MacBook Pro」の非Retinaディスプレイモデルの展示を終了していると報じている!

販売終了の兆し?Retina搭載モデルを推奨される

MacBook Pro」の非Retinaディスプレイモデルは、スペックを変更せずに購入すれば126,800円(税別)で購入することができる。それにプラス約2万円で13インチ型「MacBook Pro Retina」を購入することができる。

今やAppleのデバイスはRetinaディスプレイ搭載が標準となっている。iPhoneやiPadもRetinaディスプレイになり、「MacBook Pro」も「iMac」もRetinaディスプレイ搭載モデルが主力だ。売れているのにも関わらずRetinaディスプレイを搭載していない唯一の例外は「MacBook Air」。2016年6月中に発表されるという噂もあるが、今のところその雰囲気は皆無だ。

非Retinaディスプレイ搭載の「MacBook Pro」は2012年に登場し、Retinaブームの中、「MacBook Pro」の販売ページの1番下にひっそりと居続けているが、ついにお別れの時が近づいてきたのだろうか。直営店で同モデルを購入しようとするとRetinaディスプレイモデルを推奨されることも確認されている。

今年後半には「Touch ID」と有機ELディスプレイのタッチバー搭載の新型「MacBook Pro」が登場すると期待される。非Retinaディスプレイモデルがいなくなる日もそう遠くないかもしれない。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via AppleInsider