「MacBook Pro」の「Touch Bar」非搭載モデルが今秋、”廃止”される可能性を考える

Macbook13IMGL4509 TP V macbook pro no touchbar

13インチ型「MacBook」が10月以降に製造開始すると報じられていた。未だに詳細情報については明らかになっていないが、「MacBook Air」に代わる存在になると予想されている。

つまり、新モデル発売と同時に「MacBook Air」の13インチモデルが販売終了になるということだが、個人的には同時に「Touch Bar」を搭載しない「MacBook Pro」が廃止される可能性があるのではないかと思えてきた。

MacBook Pro」の「Touch Bar」非搭載モデルが廃止されるかもしれない理由

そもそも現時点では「MacBook」になるのか「MacBook Pro」になるのか、リニューアルされた「MacBook Air」になるのかさえも分かっていない。

ただし、iPadシリーズには「iPad」と「iPad Pro」があるように、MacBookシリーズも「MacBook」と「MacBook Pro」で統一すると考えるのが自然。低価格モデルであることからプロ向けのデバイスではないため、「MacBook」になるのではないかと予想している。

噂によると、解像度2,560 x 1,600ピクセルのRetinaディスプレイを搭載し、プロセッサーは14nmプロセスを採用した「Kaby Lake Refresh」になると言われている。価格は「MacBook Air」を僅かに上回る見通し。

これを踏まえた上で、「MacBook Pro」の「Touch Bar」非搭載モデルが廃止される可能性について考えてみた。

「MacBook Pro」と同じ筐体を採用するから

僕は、新しい「MacBook」が「MacBook Pro」の「Touch Bar」非搭載モデルと同じボディを採用するのではないかと予想している。同じ筐体を利用する理由は、価格を抑えるため

よって、同じ筐体で異なる名前のデバイスがあると混乱が起きるため、「MacBook Pro」の方が廃止されると考えている。4つの「Thunderbolt 3」ポートを搭載しているノート型Macは「MacBook Pro」、それ以外は「MacBook」、という棲み分けだ。

さらに、「Touch Bar」の搭載・非搭載で「MacBook」と「MacBook Pro」の棲み分けも可能になる。「Touch Bar」搭載されている方がプロ向け、というのは意味不明ではあるが……。

「MacBook Air」は税別98,800円から販売されている。これよりも僅かに高くなると言うことは税別10万円以上になると予想されるが、Retinaディスプレイを搭載するだけでも価格が上がってしまうのは明白。

価格を抑えるために新しい筐体を開発するのではなく、既存の筐体を使い回すことによってコストを抑える可能性はありそう。よって、噂通り13インチモデルであれば、12インチ型「MacBook」を大きくするのではなく、すでに13インチディスプレイを搭載してる「MacBook Pro」を使いまわした方が費用削減に繋がる。

「MacBook Pro」の「Touch Bar」がないモデルは「Pro」ではない

「MacBook Pro」の2018年モデルは13インチモデルが4コア、15インチモデルが6コアにまで進化した。製品名の通りプロユーザーを意識したアップデートが実施されたが、「Touch Bar」非搭載モデルのみアップデートされなかった

アップデートされなかったことも不思議だったが、現状のスペックで見比べてみても「Touch Bar」非搭載モデルはプロユーザー向けではなく、どちらかというと一般向けに近いマシーンであるように見える。

次期アップデートで”廃止”し、「MacBook」として”生まれ変わる”ことによってスペックに対して相応しい「MacBook」シリーズの一員になり得ると考えている。

「MacBook Air」と「MacBook Pro」の後を背負う、重要な存在に?

新しい「MacBook」は大衆向けのノート型Macになることが期待されている。13インチ型「MacBook Air」はスペックと価格のバランスが良く、個人から企業、教育機関まで幅広く愛用されているが、少々スペック面で時代についていけなくなりつつある。

「MacBook Pro」の2018年モデルは13インチでさえも「プロマシーン」に相応しいスペックになり、12インチモデルは圧倒的な軽さを持つが、プロセッサーの限界もあり少々非力。

つまり、13インチ型「MacBook」はこの間を埋める絶妙な存在になることが期待される。むしろ、ならなければならない。

今回の書いたニュースはあくまでも僕の個人的な予想だが、13インチ型「MacBook Pro」の「Touch Bar」非搭載モデルがアップデートされず、12インチ型「MacBook」が今年まだアップデートされなかったことと、Retinaディスプレイを搭載しながらも価格を抑える方法を考えていたところ、ふと「廃止説」が頭をよぎった。

むしろ「Touch Bar」がプロ向けの機能ではない、という主張は声を大にしてしたいところではあるが、「Touch Bar」非搭載モデルはスペック的にプロ仕様ではないため、「MacBook」シリーズの仲間入りすると考えるのは妥当ではないだろうか。

皆さんはどう思いますか?

もっと読むMacBook Proまとめ
あわせて読みたい