13インチ型「MacBook」、「WWDC 2018」で発表か

KGI証券のMing-Chi Kuo氏はさらに値下げした「MacBook Air」が6月までに登場すると伝えていたが、今夏登場するのは「MacBook Air」ではなく「MacBook」である可能性が浮上してきた。

Digitimesによると、Appleは13.3インチ型「MacBook」のエントリーモデルを第2四半期に発表すると報じている。

13インチ型「MacBook」登場で「MacBook Air」終了か

第2四半期に発表ということは、やはり「WWDC 2018」年に発表される可能性が濃厚。いまのところ開催日程は6月4日〜8日になる可能性が高い見られている。

これまでは「MacBook Air」の新モデルが登場すると伝えられていたが、今回の情報によると、発表されるのは13.3インチ型のRetinaディスプレイを搭載したモデル解像度は2,560 x 1,600となっていて、価格は「MacBook Air」と同じかわずかに高くなると伝えられている。

搭載するディスプレイパネルはLG Displayが供給する見通し。5月末または6月上旬から量産が開始されると見られている。

これらの情報が事実だとした場合、いよいよ「MacBook Air」が廃止され、「MacBook」に吸収される可能性がある。1年前、Foxconn内部関係者を名乗る人物が「MacBook Air」の生産が終了したとコメントしたことが話題になっていたが、結局CPUがアップデートされたモデルがこっそり登場していた。

もっと読むMacBookまとめ