12インチ型MacBookは「WWDC 2015」で発表か?!12インチ型iPadは「USB 3.0」ポート搭載?!

12inch macbook ipad martin hajek

本日、12インチ型iPadは今年の9月頃まで発表されないと報じられた。ディスプレイパネルの生産に関する遅延が原因のようだ。

さらに、13インチ型「MacBook Air」のスペック情報がリークしたが、そこにはこれまでと変わらないディスプレイ解像度が記されていたことからRetinaディスプレイ搭載という夢は打ち砕かれてしまった。落胆している人がタイムライン上に多数見受けられた。

待望のRetinaディスプレイ搭載の12インチ型MacBook、そして12インチ型iPadに関する最新情報The Wall Street Journalが伝えていたので、紹介する!

12インチ型iPadはやはり「Surface Pro」に対抗?!

情報元によると、Appleを担当する製造メーカーは既に量産を開始しているとのことで、2015年第2四半期中に12インチ型MacBookを大量出荷する予定であると伝えている。具体的な発表時期は明らかにされていないが、「WWDC 2015」で発表される可能性は十分ある。

一方、12インチ型iPadに関する情報も明らかになっている。以前、「Microsoft Surface Pro 3」に対抗する製品として開発している、という情報があったが、最新のレポートによると外部キーボードとマウスに接続できるためのポートの搭載を検討している、と伝えられている。具体的には「USB 3.0」ポートを採用するとのこと。

他にもiPadの同期速度の向上充電スピードの高速化に取り組んでいると伝えられている。Macに引けを取らないような本格的な作業をこなすことができる、ビジネス向けのモバイルデバイスになりそうな予感がする。

iPadがMac並の作業をこなせるようになるのは歓迎したいところだが、これまで外部ポートを自社開発したLightningケーブルにこだわってきたAppleが突然「USB 3.0」に切り替えるとはなかなか考え難い。

12インチ型Macに12インチ型iPad。2015年は既存製品の新しいサイズモデルが続々登場する可能性がありそうだ。

(via AppleInsider9To5Mac