「MacBook Pro 2018」のTrue Tone、「LG UltraFine 5K/4K Display」や「Apple Thunderbolt Display」出力時も利用可能に

Curve Stand for MacBook

MacBook Pro 2018」はMacとして初めてTrue Toneテクノロジーに対応した。

これは、環境光センサーを活用し、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に調整してくれる機能なのだが、多くのプロユーザーは外部ディスプレイを使用することから、有効にしたとしても外部ディスプレイと色味が一致しなくなってしまう。

幸いにもAppleの息がかかったディスプレイであれば、その心配はしなくても良いようだ。新しいサポートドキュメントによると、MacBook Pro 2018」のTrue Toneテクノロジーは「LG UltraFine 4K Display」「LG UltraFine 5K Display」「Apple Thunderbolt Display」に出力している状態でも利用できることが判明した。

ただし、クラムシェルモードでは利用できない可能性も

MacBook Pro 2018」では、「システム環境設定」の「ディスプレイ」項目の中に「True Tone」という項目が追加されている模様。このチェックを外すと同機能が無効化され、チェックを入れた状態だと環境によって色味が自動調整される機能が使えるようになる。

Macos macbook pro system preferences built in retina display true tone

LG UltraFine 4K Display」「LG UltraFine 5K Display」「Apple Thunderbolt Display」でどのように動作するかについてはハッキリと説明されていないが、「MacBook Pro 2018」の環境光センサーを利用して自動調整されたディスプレイ設定をそのまま外部ディスプレイに受け渡す仕組みであると考えられる。

そのため、クラムシェルモード(Macの蓋を閉じた状態で利用すること)では利用できない可能性が高そう。

なお、画像や動画の編集など、色が環境によって変化すると困る場合はTrue Toneはかえって迷惑だ。上記の設定項目内から無効化した方が良いだろう。

僕はiPhoneのTrue Toneに慣れているので普段は有効化した状態にし、画像編集時にのみオフにする予定。


(via 9to5Mac

あわせて読みたい