macOS Mojave 10.14.4:Touch IDがSafariの自動入力機能に対応

Macos mojave 10 14 4 beta

macOS Mojave 10.14.3」の「Touch ID」設定画面

macOS Mojave 10.14.4」では「Touch ID」を使ってSafariの自動入力(オートフィル)機能が利用可能になっていることをiMoreが発見した。

Safariの使い勝手が向上、パスワード入力が容易に

Safariではユーザ名やパスワード、住所、クレジットカードなどの情報を必要とする入力フォームをいちいち打ち込む必要がないように自動入力してくれる機能が用意されているのだが、現状、それらの情報を呼び出すために毎回パスワードを入力する必要がある。

次期アップデートでは「Touch ID」を搭載する「MacBook Pro」の2016年モデル以降または「MacBook Air」の2018年モデル以降であれば、指紋認証で自動入力が完了する。都度パスワードを打ち込む必要がなくなる。

「macOS Mojave 10.14.3」では「Touch ID」はMacのロック解除、Apple Pay、iTunesとApp Storeで利用可能。次期アップデートではSafariの使い勝手向上が期待される。

「macOS Mojave」新着記事
トレンド検索