「macOS 10.15」、Apple Watchを身に着けているだけで認証できる機能が増える可能性

Apple Watch unlocking mac

Apple Watchを身に着けていると、自分のMacを開くとパスワードを入力することなく画面のロックを解除してくれる。場合によっては「Touch ID」を使ったりパスワードを入力した方が早い場合もあるが、なんだかんだで便利である。

9to5MacがmacOSの開発に精通した人物から入手した情報によると、「macOS 10.15」ではMacのロック画面を解除する以上の機能が利用可能になると伝えている。

「Touch ID」が利用できる機能がApple Watchでも?!

肝心な機能については何も分かっていないが、「Touch ID」で利用可能な認証機能をApple Watchがサポートすると見られている。また、これに伴いApple Watchにはそれらの機能を認証するための設定が追加されると考えられる。

個人的にはパスワードの入力関係がすべて対応してくれたら大喜びだ。iOSと同様にサードパーティ製のパスワード管理アプリの呼び出しにも対応してくれれば、Google Chromeを使っていても「Touch ID」を使わずにApple Watchを身に着けているだけでフォームのIDとパスワードが自動入力される世の中が期待できる。

これは、特に「MacBook Pro」や「MacBook Air」など「Touch ID」を搭載しているMacをクラムシェルモードにして使っている人にとっては最高。「Touch Bar」は存在価値が皆無なので使えなくても全く困らないが、「Touch ID」は使いたいシーンが多々あるので、それをApple Watchで代用できると思うと心が熱くなる。

「macOS 10.15」は「WWDC 2019」で正式発表される見通し。

「macOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索