「macOS 10.15」の目玉はiPadアプリのMac移行、純正アプリも移植へ

Patrick ward 503767 unsplash imac

macOS 10.15」は6月3日から開催される「WWDC 2019」で正式に発表される見通し。

Bloomberg「macOS 10.15」に関する新情報を多数公開した。過去にも報じていた通り、iPadアプリをMacに移植できるソフトウェア開発キット(SDK)を「WWDC 2019」で発表する見通し。

それぞれのApp Store向けに用意したアプリを提出する必要はあるが、デバイスごとにコードを準備する必要がなくなるため、現状iOSでは用意されているがmacOSでは用意されていないアプリが移植しやすくなる。

2020年にはiPhoneアプリをMacに移植できるようになると噂され、将来的には「App Store」も1つに統合されると見られている。

Apple Music」のMacアプリも登場へ、「Siriショートカット」も

WWDC 2019」における「macOS 10.15」の発表はこの移植ツールに関する説明が大部分を占めると見られているが、Appleも自身の提供するアプリを移植すると見られている。

Apple Music」の独立したMacアプリは用意され、「ポッドキャスト」アプリ、「iOS 13」で統合されると言われている「友達を探す」と「iPhoneを探す」の新アプリも提供されるとのこと。

他にも「スクリーンタイム」と「ショートカット」の両アプリが用意され、「リマインダー」アプリの強化、「ブック」アプリの改良、「メッセージ」アプリのエフェクトやスタンプの追加などが予想されている。

当日は新型「Mac Pro」とApple純正ディスプレイも披露されると噂されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索