腕時計のバックル部分に「Apple Watch」を装着する、ダサすぎる上に高価すぎるアクセサリが話題

PINNACLE Reservation

両腕にそれぞれ時計を付ける。これを世間一般的には「ホンダスタイル」と呼ばれていると勝手に思い込んでいるが、1つの腕に2つの時計をするというのはどうだろうか。

高級時計のバックル部分に「Apple Watch」を装着する「PINNACLE」がNico Gerardから登場し、話題となっている。表は通常のスイス時計、手首を返すと「Apple Watch」がバックル部分と一体化したダサすぎるアクセサリだ。

38mm型「Apple Watch」をバックル部分に装着可能に

PINNACLEの仕組みは非常に簡単。「Apple Watch」のリンクブレスレットとNico Gerardの時計を結合させ、2つのクラスプが上下にある状態になる。

Side Opening Banner

ただ、冷静に考えてみてほしい。手首の表側にはアナログ時計、返して裏側には「Apple Watch」冷静に考えてダサい上に確実に使いづらい。ホンダスタイルも人を選ぶが「PINNACLE」と比べても敷居が低く、違和感も少なく、日頃の生活に支障をきたす可能性が低い。

PINNACLE Reservation 4

PINNACLEは3つのモデルが用意されている。「PINNACLE」「Skyview PINNACLE」「Sunrise PINNACLE」。価格や特徴については以下の通り:

PINNACLE Reservations

モデル PINNACLE Skyview PINNACLE Sunrise PINNACLE
対応するApple Watch 38mm
Apple Watch
38mm
Apple Watch
38mm
Apple Watch Edition
価格 9,300ドル 9,500ドル 112,000ドル
ケース 316Lステンレススチール 316Lステンレススチール 18Kゴールド
ブレスレット 316Lステンレススチール 316Lステンレススチール 18Kゴールド
発送時期 10〜12ヶ月後 8〜10ヶ月後 6〜8ヶ月後

ポイントは発送時期。最安モデルである「PINNACLE」がまさかの10〜12ヶ月後に発送。最安と言っても9,300ドル。1年後には新型「Apple Watch」が発表されている可能性も高い。

なお、「PINNACLE」と「Skyview PINNACLE」は一見同じように見えるが、99本のみの限定カラーとなっているため、価格が約200ドルほど高くなっている。

確かに時計としての機能はお粗末だが、手首を返して「Apple Watch」をチェックするというこの行為。9,300ドルも払って使いたいという人はいるのだろうか。

PINNACLE Reservation

最後にPINNACLEのプロモーション動画を載せておく。興味があるという物好きはこちらからどうぞ


(via TechCrunch

FOLLOW / 最新情報を購読