Apple、ソーラー充電式のiPhoneやMacを検討中か?!

Sunrise
【img via Itiro

iPhoneにしろMacにしろ、電池持ちは死活問題だ。ヘビーユーザーであればあるほど電池は1日も持たない。どうかならないものなのか。

Appleは現在充電するという仕組みそのものを廃除しようと試みているようだ。本日申請された特許の内容によると、AppleはソーラーセルをiPhoneを始め、トラックパッドや「Magic Mouse」、ワイヤレスキーボードなどに埋め込む技術を開発していることが明らかになった!

太陽光を電力に変換する技術に関する特許を取得

特許によると、電力に変換された太陽光の力で本体の充電などが可能になるとのこと。実現すれば言うまでもなく、使用するデバイスの電池持ちが飛躍的に伸びることが期待できる。

Solar iPhone
【img via Cult Of Mac

ソーラー電池が最も搭載されそうなデバイスは名前が挙がっているiPhoneやMacではなく、「Apple Watch」かもしれない。というのも、ソーラー充電式の腕時計ははるか昔から存在する。現在は普通に使っていれば1日は持つが、一般的な腕時計に比べると見劣りすることは言うまでもない。

昨年2月には以下のようなニュースが話題になっていた。

Apple Watch」にしろiPhoneやMacにしろ、今よりも電池持ちが改善されることには大いに期待したい。

【ソーラパネル?!】「iPhone 6」は完全に新しいワイヤレス充電の仕組みに対応する?!

「Apple Watch」の電池持ちを1分でも長くするための22のテクニック

【レビュー】Mac用ワイヤレスキーボード「Logicool Wireless Solar Keyboard K760」を購入!ソーラー充電式が超便利!

(via Cult Of Mac

FOLLOW / 最新情報を購読