Apple Watchの電池持ちを1分でも長くするための22の設定

Apple Watchの充電中

Apple Watch」の電池は思いの外持つが、まだまだ改善の余地がある。「腕時計」ならば電池が切れてしまうことは心配する必要が無いはずだ。

今後ハードウェア・ソフトウェア共に改善されることは間違いないとは思うが、現行モデルの電池持ちを極力伸ばす方法はいくつかある。今回はApple Watch」の電池持ちを長持ちさせる22のテクニックを紹介する!

ディスプレイ関連の設定で電池を節約

まずはディスプレイ関連の設定で電池消費を抑えましょう!

1. ディスプレイの明るさを調整する

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

王道と言えばディスプレイの明るさを暗くすること。「Apple Watch」の「設定」アプリから「明るさとテキストサイズ」から変更できる。iPhoneの「Apple Watch」アプリからも変更可能。

2. 黒要素が多い文字盤を使用する

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

「Apple Watch」のディスプレイは有機ELを採用している。バックライトを必要とせず自発光を利用するため、黒を表現するためにはそのエリアを発光させなければ良いという仕組みになっている。つまり、文字盤の黒が多ければ多いほど発光するエリアが少なく、節電になるのだ。

逆に言えば白の多い文字盤は電池消費が増える。理論上、クロノグラフやミッキーマウスの文字盤は極めてシンプルな文字盤に比べて電池消費が多いということになる。

3. コンプリケーションの表示項目を選定する

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

そもそも「コンプリケーション」とは何か。時計の文字盤以外の四隅に設定できる、アラーム、天気、日の出と日の入りの時刻がこれに当たるのだが、定期的に情報が更新されるものや位置情報を利用するようなものは避けた方が電池持ちは良くなる

例えば天気や日の出/日の入りなどのコンプリケーションはiPhoneと同期して最新の情報を取得するため、電池消耗の原因になり得る。同時にiPhoneもバックグラウンドで情報を取得する必要があるため、iPhone本体にも影響を及ぼす可能性はある。

4. 「手首検出」を無効にする

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

手首を上げると画面が点灯し、下ろすと画面が消える。これを無効にしてしまうと時計を確認する度に画面を触る必要が出てくるため、時計としての価値を一気に失ってしまう恐れがあるが、必要のない時に勝手に点灯することがあるのも事実。ディスプレイが点いている時間が長ければ長いほど電池は消費されるので、そもそも手首の動きを感知しないように設定すれば節電になる。

iPhoneでは「Apple Watch」アプリの「一般 > 手首検出」から。「Apple Watch」は「設定アプリ > 一般 > 手首を上げたとき」から。

5. 透明度を減らし、視差効果を無効にする

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

「iOS 7」を入れたiPhoneの電池持ちを改善する4つの方法」でも紹介した通り、格好良い動作は電池を使う。透明度や視差効果を無効化することによって電池消費は抑えられる。

「Apple Watch」は「一般 > アクセシビリティ > 視差効果を減らす」から。透明度を減らすためにはiPhoneの「Apple Watch」アプリを開き、「一般 > アクセシビリティ >透明度を下げる」。

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

6. グレイスケールを有効化する

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

一気に地味になってしまうが、グレイスケールにしてしまえば電池の消費は抑えられるだろう。iPhoneの「Apple Watch」アプリを開き、「一般 > アクセシビリティ >グレイスケール」。

「Apple Watch」の電池持ちが改善される21のテクニック

あわせて読みたい