Apple Watchでスクリーンショットを撮る方法

Apple Watch Screen Shot 01

Apple Watchを手にしたら、ドヤりたい。周りの人に、Twitterに、Facebookに見せつけたい。そうでしょう?

「このアプリはこういう画面になるんだよ!」「その設定はここでやるんだよ!」と見せたいところだが、そのためには何と言ってもスクリーンショットを撮る必要がある。

本記事ではApple Watchを紹介する上で欠かせないスクリーンショットの撮り方を紹介する!

撮影したスクリーンショットはiPhoneに自動転送される

実際、Apple Watchのスクリーンショットはどのようにして撮るのだろうか。僕も分からなかったので、意外と頼りになるSiriに聞いてみたところ、「Apple WatchのDigital Crownとサイドボタンを同時に押してください」と言われた。

Apple Watch Screen Shot 01

早速試したところ、スクリーンショット撮影時に聞こえるお馴染みの「カシャッ」という音と共に画面が点滅した。

とこがここで問題だ。Apple Watchで撮影したスクリーンショットはどこに保存されるのか。実はApple Watch本体ではない。スクリーンショット撮影とほぼ同時にペアリングしているiPhoneの写真アプリに自動的に転送されるのだ!
Apple Watch SS

実際に撮影したスクリーンショットは以下の通り。312×390ピクセルの、若干縦長の画面を搭載しているようだ。
Apple Watch スクリーンショット

今後Apple Watchでスクリーンショットを撮影する機会も増えるはず!撮りたい時はデジタルクラウンとサイドボタンの同時押しと覚えておきましょう!

関連情報
更新日2015年04月24日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchの使い方・設定」新着記事
トレンド検索