Apple、「Apple Watch」のフィットネスやコミュニケーション機能に着目した新しいテレビCMを公開

Apple Watch TV CM

「で、Apple Watchってどうなの?」

Apple Watch」を身につけていると久しぶりに会う人、初対面の人関係なく、未だにこの質問を受けることがある。僕は現時点ではポテンシャルには期待しつつも「あえて今、急いで買う必要はない」と答えている。

このような質問が出てくる理由の1つに、「Apple Watch」の発表当日に「Apple Watch」を身につけることによって得られるユーザー体験や価値観などに関する発表はまるでなかった。Appleの得意とする「自分がそのデバイスを手にしたことによって見えてくる新しい世界」に関する説明が全く無かったのだ。

発表されてから半年以上経った本日、Appleは「Apple Watch」に関する新しいテレビCMを4本公開した。これらはAppleがユーザーに「Apple Watch」をどのように使ってもらうことを想定しているのかが垣間見える内容となっていたので、紹介する!

カジュアルゲームも遊べる「Apple Watch」

今回公開されたのはフィットネス機能に着目した「Goals」、コミュニケーション機能に着目した「Closer」、そして旅先における活用シーンを想定した「Beijing」と「Berlin」の合計4本が公開されている。

個人的に一番ハッとしたのはマルバツゲームを「Apple Watch」でプレイしているシーン。あえて「Apple Watch」の狭い画面でやる必要はない、というのはごもっともだが、子供に腕を差し出して時間潰しができるのは、意外と良い。

以下4本まとめてどうぞ!

【レビュー】買うべき?「Apple Watch」と共に生活して分かったこと

【レビュー】「Apple Watch」の42mmホワイトスポーツバンドモデルに買い替え!ステンレススチールのズッシリ感が素晴らしい

何が違う?「Apple Watch Sport」と「Apple Watch」を比較してみた


(via 9To5Mac