【レビュー】「Apple Watch」をつけて生活してみて分かった13のこと

Apple Watch Sport

僕はApple Watch Sport」の42mmホワイトスポーツバンドモデルを購入した。24日の昼に到着して以来、常に腕につけた状態で生活を試みている。

「Apple Watch」先行レビューの気になるポイントまとめによると、それぞれ生活が変わったと述べている。実際生活は本当に変わったのかどうか、この3日間、Apple Watch Sport」をつけて生活してみて分かった13のことをまとめたので、今後購入を検討している人は参考にどうぞ!

▼続編を書いたので、こちらも参考にどうぞ!

通知、最高!受信する通知を選定できるのも素晴らしい

Apple Watchで確認する通知

Apple Watch」と共に生活するようになって以来、便利だと感じているのは「通知」。iPhoneを取り出さずに通知をささっと確認できるのは物凄く便利だ。

これまで作業中でも移動中でもiPhoneは片手に持ち、通知を受信する度に振動するiPhoneをこまめに確認しながら時間を浪費していた。まさにiPhoneで消耗していたのだ。

ところが、「Apple Watch」を手にして以来、本当に重要な通知のみを受信できるようになった。その結果、本当に見逃してはいけない通知はしっかりと確認でき、後回しにしてもそれほど支障をきたさない通知は後でiPhoneを取り出した時に確認するように習慣づけることができた。

確かにiPhoneをポケットから出す頻度が減る

Apple Watch with iPhone 01

通知を「Apple Watch」で受信するようになったことにより、iPhoneをポケットから取り出す頻度が圧倒的に減った。通知を確認するためだけにiPhoneを取り出している頻度の高さを改めて思い知り、複雑な気持ちにもなった。

通知内容確認ついでにタイムラインやニュースフィードを眺めることもめっきり減った。iPhoneを取り出す時は本当に何かしたい時。プッシュ型の情報とプル型の情報の消費方法がより明確になった

自宅にいる場合でも基本的にはiPhoneを充電器に挿したまま、放置。確認を急いだ方が良い通知は身につけている「Apple Watch」に通知されるので心配不要だ。

もちろん、「Apple Watch」に送られてくる通知も無視し続ければ溜まってしまう。ただ、幸いにも「Apple Watch」には通知を一気に消去する操作が用意されている。深くタップし、軽くタップすれば完了。

バッテリーは1日持つが、iPhoneの電池消耗が激しい

Apple Watchの電池持ちを試してみた

「Apple Watch Sport」の電池持ちを試した記事でも書いたが、「Apple Watch」の電池持ちは思っていたよりも良い。最初のうちは設定などを行うために使い倒すため電池消耗が激しいかもしれないが、慣れると1日は余裕で持つような印象を受けた。

一方で、ペアリングされているiPhoneへの影響は大きい。先行レビューでもそのようなことは書かれていたが、さすがにここまで影響があるとは予想外だった。モバイルバッテリーは今まで以上に必須アイテムになるかもしれない。

詳しくは以下の記事をどうぞ!

スポーツバンドは意外と良いが、汚れが気になりそう

Apple Watch Sports Band 04

ホワイトスポーツバンドは名前の通り白い。使用されている素材はホワイトフルオロエラストマーというゴムの一種。

つけ心地は半信半疑だったが、思っていたほど悪くない。ランニングの際のつけ心地はもちろんのこと、普段使いでも気にならない触り心地だ。まだ買って間もないせいか、触れた時のスベスベした感触はとても良い。

気になるのはこれを数ヶ月使い続けるとどうなるのか。そして汚れがどの程度目立つのか。これは今後注意深くチェックしていきたい。