【レビュー】買うべき?「Apple Watch」と共に生活して分かったこと

Apple Watchと共に生活して分かったこと

僕は「Apple Watch Sport」の42mmホワイトスポーツバンドモデルを購入し、その約1週間後、「Apple Watch」の42mmホワイトスポーツバンドモデルに買い替えた。Appleが再定義する「腕時計」を手にしてから約3週間が経とうとしている。

僕は購入してから毎日欠かさず「Apple Watch」を身につけて生活している。買う前は「これまでの時計は外さずに右腕に付ける!本田スタイル!」と豪語していた僕だが、あっさりとお気に入りの腕時計を外し、腕時計の代わりに「Apple Watch」を身につけている。

買った直後の感想は以下にまとめてある。

今回は使用期間も長くなり、改めてApple Watch」と共に生活して分かったことをまとめたので、購入を検討している人は参考にどうぞ!

スポーツバンド/レザーループバンドは付けたままMacで作業できるのが良い

Apple Watchのスポーツバンド・レザーバンドは付けたまま作業できる

僕が購入した「Apple Watch」は同種類の中で最も重さがあると言われている白のスポーツバンドモデル。追加で購入したバンドはレザーループバンドだ。

スポーツバンドにしてもレザーループバンドにしても、どちらも非常に気に入っているのは付けたままMacで作業ができる点

僕がこれまで浸かっていた時計のバンドはステンレススチール製だ。Macを使って作業をする際にはバンドの部分がアームレストに当ってしまうため、Macもバンドも傷付くことになってしまう。

これまでは時計を外して作業をしていたが「Apple Watch」の場合、スタンド機能を有効活用するためには1日付けたまま過ごす必要がある。スポーツバンドまたはレザーループバンドであればMacを傷つけることなく心地良いフィット感で腕に付けたまま作業できて大変良い。

アプリはほとんど役に立たないが、使えるアプリもある

買ってからすぐに「Apple Watch」のサードパーティ製アプリはほとんど活用できないことが分かった。起動が遅く、起動しても動作がいちいち遅い。ただでさえ小さい画面で操作をしようとしているのに動きも遅ければストレスも溜まって当然だ。

ただし、それでも普段の生活の中で活用しているアプリはいくつかある。

アクティビティは可視化されるので結構楽しい

Apple Watchで歩数を確認する方法

「Apple Watch」を手にしてから最も積極的に利用しているアプリと言えば「アクティビティ」。毎日の消費カロリー目標を設定し、日頃からアクティブに過ごすことによって日々の生活に活力を取り戻す、素晴らしいアプリだ。設定した目標を達成しないと異常に悔しいのは僕だけだろうか。

何よりも色々と可視化できることが楽しい。歩数や消費カロリー、移動距離や心拍数が一目で確認できるのは「Apple Watch」だからこそ。「ワークアウト」アプリと併せて活用するとより一層楽しくなる。

Mailboxは即アーカイブできて便利

Apple Watch Mailbox App 01

個別のアプリは「容量の無駄」と吐き捨てたくなるほどアプリは全く役に立たないが、アプリから通知を手首で確認できるのは物凄く便利だ。

特に重宝しているのは「Mailbox」アプリ。通知には受信したメールをそのままアーカイブすることができるのだが、本文を見る必要がないメールが大量に送られてくる僕にとっては便利この上なし!iPhoneを取り出すことなく、ワンタップでメールをアーカイブすることができる。

Tweetbotはリプライやリツイートが確認できて便利

Apple Watch Notifications

「Apple Watch」で受信する通知は積極的に断捨離した僕だが、すぐに気が付きたいという理由で付けたままにしているのは「Tweetbot」の通知。

リプライからリツイート、フォローからファボまで全て通知されるので少々忙しないが、個人的には嫌いではない。通知からワンタップでリツイートできるのはなかなか使える。

メッセージの返信は面白いが、iPhoneで返した方が早い

Apple WatchよりもiPhoneの方がメッセージは返しやすい

Appleが押している機能の1つとして「メッセージ」アプリの様々な機能があるが、ハッキリ言って全く使わない

心拍数を送り合う意味がよく分からない。ポケットからiPhoneを取り出せば簡単にメッセージを送ることができるのにも関わらず、あえてこの信じられないほど小さい画面でメッセージを送る意味もよく分からない。

最も無駄だと感じるのは両手を使わなければ操作ができないという点。時計は片腕にしているため必然的に両手が塞がる。「iPhone 6 Plus」でもなんとか片手で完結できるというのに、両手を強制的に使わせてメッセージの送受信をするのはスマートとは程遠い。

ただ、Siriによる文字入力は意外と精度が高く、感心した。使うかどうかは別として、使えるという安心感は良い。

電池を毎日充電するのは苦ではないが、電池は改善して欲しい

「Apple Watch」の電池持ちは思いの外悪くない。普通に使っていれば1日は持つ。「ワークアウト」アプリを利用してもシャワー浴びている数分間のうちに充電しておけば驚くほど電池持ちは回復する。iPhoneと違い、充電時間が短いのは非常に良い。

ただ、使っていて気になる点も出てきた。

スタンドが欲しくなる

「Apple Watch」は最低でも毎晩充電する。ほぼ毎日走っている僕は運動後に適度に濡れたタオルで汗を拭き取り、シャワーを浴びている間充電している。

このような使い方をしているせいか、「Apple Watch」用充電スタンドが欲しくて仕方がない。既にSpigen製のスタンドは注文済みであとは届くのを待っている状況ではあるが、一刻も早く届いて欲しいと願うばかりである。

もちろん、スタンドは無くても困らない。ただあった方が格好良い。たったそれだけの理由だ。デスクの上に無造作に置かれた充電ケーブルの上に置くよりもスタンドの上に「Apple Watch」を掛けた方がオシャレだ。早く届いて欲しい。

チェックしておきたい「Apple Watch」用スタンドまとめ

電池残量を心配しなければならないのがストレス

Apple Watch Battery

確かに「Apple Watch」の電池は1日は持つ。ただ、逆に言えば2日は持たない。「ワークアウト」アプリとともに数時間トレーニングすると電池は驚くほど消耗する。センサーをフル活用していることが原因だろう。

一方、これまで1日は余裕で使い続けることができた「iPhone 6 Plus」は目に見えて電池が消耗されるようになった。日によっては20%を切ることもある。

どちらも最初のうちは「別に充電すればいいや」と思っていたが、徐々に電池残量に関して神経質になっている自分が気が付いた。

「Apple Watch」の電池がなくなってしまっては「腕時計」としての役割を果たしてくれなくなってしまうので困る。とは言え、「iPhone 6 Plus」の電池が切れてしまっては「Apple Watch」を身につける意味がほぼ無くなってしまう。

これまで「iPhone 6 Plus」の電池残量のみを気にしていればよかったのを、今では「Apple Watch」の電池残量も気にしなければならなくなった。モバイルバッテリーの持ち運びは必須だ。

これは思っていたよりもストレスフルであることに気がついた。冷静に考えて「腕時計」は1日で電源が切れるようではダメだ。1週間とは言わないが、せめて丸2日間ぐらいは持つぐらいの電池持ちになることを期待したい。

充電時の発熱が気になる時もある

Apple Watchの充電中

「Apple Watch」は充電中、そこそこ熱くなる。同梱されていたUBSアダプタをコンセントに挿して充電した場合は特に問題ないのだが、Macに充電ケーブルを挿して充電する時は信じられないほど発熱してしまった。あまりにも発熱が激しかったので冷蔵庫に入れた。