【レビュー】買うべき?「Apple Watch」と共に生活して分かったこと

「腕時計」としてはまだまだ未完成

Apple Watch」は「ガジェット」としては使っていて非常に楽しい。”革新的”なデバイスであるかと言われると疑問が残るが、「アクティビティ」アプリなどを通じてよりアクティブに過ごすように促したり、常に握りしめていたiPhoneを手放しても重要な情報を見逃さないように通知の断捨離を行うことができたり、生活におけるポジティブな影響は与えてくれている。

ただし、それはあくまでも「ガジェット」という観点で見た場合だ。「腕時計」としては色々と未完成だ。

存在感が足りない

Apple Watchはやっぱり軽すぎる気がしてならない

これは人によって意見が別れるところかもしれないが、僕は存在感のない時計を必要としていない。時間を知るためだけであればiPhoneがあれば十分だからだ。

Apple Watch」は腕時計として存在感がほとんどない。バンドを変えるとことによって変わるのかもしれないが、僕の中では未だに「ガジェット」という印象が抜け切れない。

これまで発表されているスマートウオッチの中でデザイン性は最もスマートだ。男性だけではなく、女性も身につけられるようなフォルムを持つのは「Apple Watch」だけ。

ただ、付けていても「腕時計をしている感」が全く無いのだ。久しぶりに腕時計をした時、僕は「Apple Watch」との生活の中で失われていた「腕時計を身につけている安心感」が蘇ってきた。上手く言語化できないが、直感的に「Apple Watch」には「腕時計」としての何かを満たしていないと感じた。

つり革を掴んでいると画面が点灯しない

Train
【img via d’n’c

腕を上げると自動的に点灯する「Apple Watch」のディスプレイは素晴らしい。電池の節約にもなり、スマートな仕組みだ。

ただ、時計を確認したい時に確認できないことが多すぎる。ハッキリ言って腕時計失格だ。

例えば電車の中でつり革を掴んでいる時。ディスプレイをもう片方の手でタップしない限り、時間を確認することはできない。

犬の散歩をしている時。犬のリードを左手で持っている時、時間は確認できない。画面が点灯しないからだ。

時計を確認したい時に確認できない腕時計は無い。やはりこの観点においても「Apple Watch」は未完成であると感じずにいられない。

屋外における視認性は最悪

Apple Watchは屋外だと画面が全然見えない

天気が良い日に屋外で「Apple Watch」を確認しようとするとディスプレイが非常に見えづらい。全く見えない訳でないが、次期モデルにおいては改善の余地がある分野だろう。

タッチ精度がイマイチ?正確にタップできない

Apple Watchのタップ精度はあまりにも悪い

アプリ一覧画面で特定のアプリを起動しようとするとほぼ毎回隣のアプリをタップしてしまう。指先が不器用なのかセンスがないのかよく分からないが、とにかく失敗する。

当初は慣れの問題かと思っていたが、小さい画面で正確にタップするのは僕にとって難易度が高い。

デジタルクラウンは便利だが、結局画面を触ってしまう

Apple Watch Stainless Steel White Band 42mm

デジタルクラウンは良くできている。回しやすく、押しやすい。硬さも程よく、正確に反応する。小さい画面を指で覆うことなく操作ができるので非常に便利だ。

ただ、未だにスクロールする画面ではiPhoneと同じ感覚でディスプレイを直接触ってしまう。デジタルクラウンに慣れるのにはまだ時間がかかりそうだ。

時間を気にしているように見えて失礼

Apple Watchを見ていると時間を気にしているよう見えて失礼

各種情報を手首で確認できるのは便利だ。ただ、人と話している時、会議をしている時、公演を聞いている時、手首を頻繁に見るのは「興味がない」と見なされ、意図しなくとも「失礼な奴」と言うレッテルを貼られる可能性がある。

なぜか。手首の方を頻繁に見るということは時間のことを気にしているように見えるから。相手に対して関心が無いように見えてしまうのだ。

僕の場合、何度か彼女に「時間大丈夫?」と聞かれたことがあった。単にリプライやメールの通知を確認しているだけではあるが、傍から見ると時間を気にしているように見えてしまう。

一緒にいる人に不快感を与えないために、時と場合によっては「おやすみモード」を活用した方が良いかもしれない。

総評:楽しいガジェット、未完成な腕時計

Apple Watch Usage Review 0001

2週間経ったのでそろそろある程度の見解は発表できる。「Apple Watch」は「買い」なのか

「Apple Watch」は宣言されていた通り、生活を変えたのは確かだ。よりアクティブに過ごすことを心掛けるようになった。iPhoneを見る頻度が減った。ちょっとしたことだが、確かに生活に変化を与えたのは事実。

ただし、あらゆる面においてまだまだ改善の余地はある。ガジェットとしてはまだスタートラインに立ったばかりの新製品だが、日々使っていてワクワクする。できることはまだまだ少ないが、だからこそ楽しいのかもしれない。

腕時計としては未完成だ。「時間を確認する」という、腕時計としてできて当然のことができないのは大問題。電池持ちやディスプレイの反射率など、技術的な障壁があることは重々承知しているが、「腕時計」を再定義し、「ガジェット」の域を脱するためには必ず乗り越えなければならないハードルだろう。

「Apple Watch」は「買い」なのか。これからこのデバイスが世界を変える可能性を少しでも感じるのであればすぐにゲットした方が良い。スマートフォンやタブレットを中心に世の中を変えてきたAppleが出した、スマートウォッチに対する最初の答えが「Apple Watch」だ。このビッグウェーブに乗るかどうかはあなた次第。覚悟を決めたら早く手に入れましょう。

一方、ここまで読んでピンと来ていないのであれば今は急いで買う必要はない。持っている人から話を聞くか、店頭で触って体験してみるのも良いかもしれない。先日、「Apple Watch」の貸出サービスも発表された。

iPhoneは劇的に進化した。当然、「Apple Watch」も同じ道をなぞるだろう。

そう信じて僕は今日も「Apple Watch」と共に生活する。

ギャラリー
「Apple Watch(第1世代)」新着記事
トレンド検索