【レビュー】「Apple Watch Sport」のバッテリーは1日持つが、iPhoneの電池残量に影響あり

Apple Watchの電池持ちを試してみた

腕時計の電池が切れてしまっては本末転倒だ。ただ、「Apple Watch」の電池持ちは1日しか持たないという。果たして本当それで「腕時計」として大丈夫なのか?!

実際のところApple Watch」の電池持ちは本当に1日持つのか、それとも24時間経つ前に力尽きてしまうのか。個人的にもとても気になっていたので朝から晩まで付けてどの程度の電池消費になるのか、実験してみた!

朝8時から深夜0時まで充電せずに使ってみた

実験してみた、と言っても通知の受信回数やチェック回数などは一切記録していない。「Apple Watch」を身につけて生活する、ただそれだけだ。

時計が気になる時は時計を確認し、通知を見たい時は通知を開き、メッセージに返信したい時は音声入力で返信をしたりした。途中、7km弱のランニングも行ったが、その時は「Apple Watch」のフィットネス機能は使わずにRunkeeperを使用して走行距離などを記録している。

以下、思い付いたタイミングで「Apple Watch」の写真を撮ったので時間とともに経過するバッテリー消費をどうぞご覧あれ!

まずは一晩中充電していた「Apple Watch」を充電器から外す。この時の時刻は8時4分。同時刻に満充電された「iPhone 6 Plus」も充電器から外した。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

2時間後、「Apple Watch」の電池残量は98%に。時折受信する通知を確認したり、時間を確認する程度のことしかしていないが、1時間で1%程度しか減らないとは素晴らしい。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

さらに2時間後、電池は89%を指していた。その前の2時間と比べて通知の量が多かったのだろうか。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

計測開始から約6時間半、電池残量は77%に。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

1時間半で17%の電池を消耗しているが、これは7kmのランニングに行ったため。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

19時になったがまだ電池残量は半分以上残っていた。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

20時には49%をマーク。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

少し時間が経過し、23時前には39%になった。測定開始から約15時間経っている。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

そして日付が変わった瞬間、僕の「Apple Watch」の電池残量は32%。想像していたよりも電池持ちは良い。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

ただし、一方で「Apple Watch」とペアリングする僕の「iPhone 6 Plus」に異変が起きていた。「Apple Watch」を手にしたその日以来、出番がめっきり減ってしまった僕の「iPhone 6 Plus」だが、1日を終えた時の電池残量はなんと25%。最近電池の消耗スピードが早くなってきているという印象はあったが、「Apple Watch」の影響は大きいと思われる。
Apple Watchの電池持ちを試してみた

結論として「Apple Watch」の電池は1日持つ。ただし、同時にペアリングしているiPhoneの電池も消耗してしまうことは考慮した方が良いかもしれない。

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!