Apple Watchのバックアップを取る方法

Apple-Watch-Stainless-Steel-White-Band-42mm-075.JPG

Apple Watchを使えば使うほど溜まっていくデータ。特にアクティビティ機能を活用している人にとっては非常にパーソナルなライフログが日々蓄積されていることになる。当然、この先新しいApple Watchに変えることがあってもそれらのデータは引き継ぎたい。

iPhoneはiTunesであればワンクリックで、iCloudの設定の中からワンタップで簡単にバックアップを取ることができる。ではApple Watchはどのようにしてバックアップを取得するのか

気になって調べてみたところ、AppleサポートApple Watchのバックアップ取得について解説されていたので紹介する!

Apple Watchがバックアップされるタイミング

Apple Watchがバックアップされるタイミングは2つある。

1つはペアリングされたiPhoneをiTunesまたはiCloudにバックアップした時。バックアップされた内容の中にApple Watchに関する情報も含まれる。つまり、定期的にiPhoneをバックアップしていれば同時にApple Watchもバックアップされるのだ。

もう1つはApple WatchとiPhoneのペアリングを解除した時。ペアリング解除後、Apple Watch上にあるデータは全て消去されると同時にiPhoneによって自動的にバックアップが作成される。

ただし、注意しなければならないのはiPhoneと通信していない状態となっている場合、Apple Watchのペアリングを解除してもバックアップは作成されない、ということ。ペアリングされたiPhoneと接続されていることを確認した上でペアリングを解除するようにしましょう。

Apple Watchのバックアップに含まれる内容、含まれない内容

Apple Watchのバックアップに含まれる内容は以下の通り:

  • 文字盤、接続したことのある Wi-Fi ネットワーク、明るさ、サウンド、振動の設定など、一般的なシステム設定
  • 言語
  • 時間帯
  • メール、カレンダー、株価、天気 App の設定
  • マップ、距離、単位など、App 固有の設定
  • 履歴、達成項目、ユーザが入力したデータなど、ヘルスケアとフィットネスのデータ
  • ユーザが Apple Watch にインストールした iPhone App

via Apple Watch をバックアップする – Apple サポート

一方、以下の項目はApple Watchのバックアップには含まれない。新しいApple Watchに乗り換えたり本体交換を行った場合、再度設定する必要がある。

  • Apple Watch からの調整データ
  • Apple Watch に同期したプレイリスト
  • Apple Watch の Apple Pay で使っていたクレジットカードまたはデビットカード
  • Apple Watch のパスコード

via Apple Watch をバックアップする – Apple サポート

初期不良による交換や僕のように買い替えなど、新しいApple Watchに乗り換えることがある場合は上記方法でしっかりとバックアップを取得しておきましょう!

関連情報
更新日2020年01月05日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchの使い方・設定」新着記事
トレンド検索