「Apple Watch」を強制的に再起動(ハードウェアリセット)する方法

Apple Watchの電池持ちを試してみた
まだ手元に届いたばかりの「Apple Watch」なので動作不良を起こしている人もほとんどいないかもしれないが、僕の場合、なぜか早速画面が点灯しないという不慮の事故に見舞われている。なんか僕悪いことしたっけ……。

画面が点灯しなければ腕時計として全く役に立たない。うんともすんとも言わなくなってしまったので、強制的に再起動することに。

万が一僕と同じような状況になってしまった時のために、本記事ではApple Watch」を強制的に再起動するハードウェアリセットを行う方法を紹介する!

デジタルクラウンとサイドボタンを10秒間同時押し

やり方は非常に簡単。「Apple Watch」にはそもそも使用できる物理ボタンがデジタルクラウンとサイドボタンの2つしか存在しないため、ハードウェアリセットとなるとこれらのボタンを使用する他ない。両ボタンを同時に10秒間押し続けることによってリンゴマークが表示され、強制的に再起動される。(下記画像は5秒になっているが、正しくは10秒以上)

Apple Watch Battery Usage 22
ハードウェアリセットは頻繁に行うべき動作ではない。「Apple Watch」の動作が明らかにおかしい時にのみ、お試しあれ。

なお、デジタルクラウンとサイドボタンを短く同時に押すとスクリーンショットが撮影できる。「Apple Watch」の画面を紹介する際に活用するべし!

【レビュー】「Apple Watch Sport」のバッテリーは1日持つが、iPhoneの電池残量に影響あり


「Apple Watch」でスクリーンショットを撮る方法

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法