Apple Watchを使ってiPhoneを探す方法(音を鳴らす、LEDフラッシュを点灯させる)

自宅内で紛失したiPhoneを探し出すために使えるめちゃくちゃ便利な機能

Finding iPhone with Apple Watch

Apple Watchがあれば、自分のiPhoneを紛失しても一定の範囲内であれば、音を鳴らして場所を特定できる。音だけでは探しづらい場合は、iPhoneのLEDフラッシュを点滅させることもできる。

本記事では、Apple WatchからiPhoneを探し出す方法を解説する。

コントロールセンターからiPhone呼び出しボタンをタップor長押し

コントロールセンターを開き、iPhoneとの接続を確認する

紛失したiPhoneから音を鳴らす機能は、ペアリングされたApple Watchが通信圏内にいる必要がある。確認するために、文字盤から上方向にスワイプしコントロールセンターを開く。
Finding iPhone with Apple Watch 0

コントロールセンターの左上に緑色のiPhoneアイコンが表示されていれば、Apple Watchと接続している状態を意味する。「接続なし」と表示されている場合、iPhoneを探す機能は利用できない。 
Finding iPhone with Apple Watch 01

「iPhone呼び出し」ボタンをタップする・長押しする

iPhoneから音を鳴らすには、iPhoneが書かれたiPhone呼び出しボタンをタップする。まもなくiPhoneからベルのような音が鳴るだろう。
Finding iPhone with Apple Watch 02

呼び出し中は、Apple Watchの画面上に「iPhoneを呼出中」と表示される。
Finding iPhone with Apple Watch 03

短くタップした場合は音が鳴るのみだが、iPhone呼び出しボタンを長押しすると音が鳴りiPhoneのLEDフラッシュが点滅する。

ソファの隙間、洗濯物の下、机の書類など、iPhoneは知らずのうちに意味不明な場所に紛れ込んでいることがある。Apple Watchがあれば、音と光で簡単に探し出せる。活用していない人はこの機会に試してもらいたい。


Apple Watchがあると快適になるiPhoneの機能として、マスクを装着したままFace IDをロック解除できる機能がある。デフォルトでは無効化されているため、両製品を持っている人は忘れずに設定しよう。

公開情報
更新日2021年07月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchの使い方・設定」新着記事
トレンド検索