「watchOS 4.0.1」、リリース!未認証のWi-Fiに接続する問題を修正

Apple Watch Series 3 Side

Appleは10月5日、watchOS 4.0.1」を正式にリリースした。

watchOS 4.0.1」には、「Apple Watch」が未認証のWi-Fiネットワークに接続してしまう問題の修正が含まれている。カフェやホテルなどで提供されていることが多い、認証・登録のためのウェブページに転送されるWi-Fiは接続しない仕様になった。

アップデートは「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」から。以下が毎度お馴染みのアップデートするための条件。「ペアリングされたiPhoneが手元にあり、電池が50%以上ある状態で充電器に接続されている」必要がある。

watchOSをアップデートするための条件

  • Apple Watch」がiPhoneの通信圏内にある
  • 「Apple Watch」が充電器に接続されている
  • 「Apple Watch」が50%以上充電されている
あわせて読みたい