「watchOS 5.1」、正式リリースーーカラー文字盤の追加など

WatchOS 5 1 update

Appleは日本時間10月31日、watchOS 5.1」を正式リリースした。

最新バージョンではトランシーバー機能やアクティビティ機能に関する不具合などが修正されている他、同時にカラー文字盤が追加されている。転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合に緊急通報サービスへ自動的に連絡する機能も有効化されているとのこと。

watchOS 5.1」のリリースノート

  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部ユーザーで、”トランシーバー”Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部ユーザーで、”トランシーバー”で参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザーの”アクティビティ”Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が”バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。

アップデートは「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」から。以下が毎度お馴染みのアップデートするための条件。「ペアリングされたiPhoneが手元にあり、電池が50%以上ある状態で充電器に接続されている」必要がある。

watchOSのアップデートは異常なまでに時間が掛かるため、時間に余裕がある時にやるべし。

watchOSをアップデートするための条件

  • 「Apple Watch」がiPhoneの通信圏内にある
  • 「Apple Watch」が充電器に接続されている
  • 「Apple Watch」が50%以上充電されている
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOS 5」新着記事
トレンド検索