文鎮化問題を修正した「watchOS 5.1.1」、正式リリース

WatchOS5 1 1 software update

AppleがwatchOS 5.1.1」を正式リリースした。

先日「watchOS 5.1」をリリースしていたものの、アップデート中にApple Watchが一切動作しなくなる、属にい言う“文鎮化”状態になってしまう不具合が発生

最新バージョンでは同問題を修正している他、本来「watchOS 5.1」で利用可能になるはずの転倒検出機能における緊急通報サービスの有効化うやトランシーバー機能の問題などが修正されている。

watchOS 5.1.1」のリリースノート

  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部ユーザーで、”トランシーバー”Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部ユーザーで、”トランシーバー”で参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザーの”アクティビティ”Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が”バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。

アップデートは「Watch」アプリの「一般 > ソフトウェア・アップデート」から。以下が毎度お馴染みのアップデートするための条件。「ペアリングされたiPhoneが手元にあり、電池が50%以上ある状態で充電器に接続されている」必要がある。

watchOSのアップデートは異常なまでに時間が掛かるため、時間に余裕がある時にやるべし。

watchOSをアップデートするための条件

  • 「Apple Watch」がiPhoneの通信圏内にある
  • 「Apple Watch」が充電器に接続されている
  • 「Apple Watch」が50%以上充電されている
もっと読むwatchOS 5まとめ