watchOS 6、正式リリース

Apple Watch Series 3以降のモデルのみ配信開始、Series 1/2は今秋を予定

WatchOS 6 official release

Appleは9月20日、watchOS 6」を正式にリリースした。

配信が開始されているのは、Apple Watch Series 3」以降のモデルのみ。「Apple Watch Series 1/2」は今秋以降に配信開始予定となっている。

最新のwatchOSでは、新しい文字盤が追加され、新しいコンプリケーションも利用可能になり、手首を見るだけでこれまで以上に様々な情報が確認できるように。

iPhoneからの独立に向けた動きとして、Apple Watchから直接アクセスできる専用のApp Storeも用意され、オーディオブック、ボイスメモ、電卓アプリも登場。健康関連機能も充実し、騒音レベル検知機能や生理周期管理機能が新たに用意されている。

以下に「watchOS 6」にアップデート可能なモデルおよびを載せておくので、参考にどうぞ!

watchOS 6に対応するモデル

watchOS 6」は、「Apple Watch Series 1」以降のApple Watchモデルをすべてサポートするが、利用するためには「iOS 13」がインストールされた「iPhone 6s」以降が必要となっている。

コメントを残す(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(4件)
  1. 通りすがりの読者

    細かいことですがiPhone6s「以降」ですね

    1. g.O.R.i

      仰るとおりです……!直しました、ありがとうございます!

  2. 通りすがりの読者

    来ないと思ってたらseries3以降だったのね
    ここ見て助かった

    1. g.O.R.i

      ですです◎

「watchOS 6」新着記事
トレンド検索