watchOS 9の対応機種、Series 3がついにサポート対象外に

Apple Watch Series 3はついにアップデート対象外となったが、公式ストアでは販売継続中

WWDC22 2022 Keynote 2497

Appleは6月7日、WWDC22でApple Watch向けOS「watchOS 9」を正式発表。対応機種はApple Watch Series 4以降となっており、Apple Watch Series 3は対象外となった。アップデートには、iOS 16以降を搭載したiPhone 8以降のiPhoneが必要だ。

watchOS 9は、本日より開発者向けにベータ版を配信開始。パブリックベータ版は7月以降に提供を予定している。一般向けには今秋、無料のソフトウェアアップデートとして提供される。

関連キーワード
特集
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:627352)

    ついにseries 3が…。
    来年はseries 4も危ういのかな…。

「watchOS 9」新着記事
トレンド検索