12月1日で終了。最大1%還元されるAmazonのギフト券チャージを全力活用するべき理由

実質的にお金(ポイント)を配っているようなキャンペーン、来年以降の「1%ポイント還元」は厳しい気がしている……

Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加)+ブラックフライデーキャンペーン

Amazonブラックフライデーと同時に開催されている最大1%分のポイントが還元されるAmazonギフト券のチャージキャンペーンを積極的に活用してもらいたい理由がある。来年以降、同様の還元率で開催される可能性が低いからだ。

キャンペーンの内容は至ってシンプル。事前にエントリーボタンを押した上で1回5,000円以上チャージすると、チャージ金額の0.5%分がポイントとして還元される。年内で終了予定プライム会員限定のAmazonギフト券0.5%還元キャンペーンと併用することで、チャージ金額の最大1%がポイントとして還元される、という内容だ。クレジットカードにも対応する。

手間はかからない。事前エントリーとクーポンコードの適用をすれば、あとはチャージして買い物をするだけ。僕はAmazonブラックフライデー期間中、買い物かごに買いたい物を入れ、合計金額を把握した上で、少し多い金額をチャージしている。

「たかが1%」と思うかもしれない。確かにそうだ。10万円チャージしても、付与されるポイントはたかが1,000円だ。しかしAmazonギフト券へのチャージするだけで”お小遣い”がもらえるメリットしかないキャンペーンは、見過ごすにはあまりにも勿体ない。Amazonで使う金額を年単位で考えると、数万円相当の還元になる可能性がある。

最大1%分のポイントが還元されるのは、おそらく12月1日で最後になるだろう。プライム会員向けキャンペーンが年内終了になる中、来年以降に最大1%の還元率は期待できない。仮に行われたとしても、Amazonブラックフライデーのキャンペーンと同様に0.5%還元となるだろう。

Amazonポイントの有効期限は、発行日から10年。使い切れない分をチャージしても、今後の買い物に活用できる。Amazonを頻繁に利用する人は、最大1%相当が還元されるうちに全力で活用してもらいたい

Amazonブラックフライデー2022

38本の記事を表示する

関連キーワード
特集
公開情報
更新日2022年11月30日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Amazonセール」新着記事
トレンド検索