【初日の戦利品】みんながAmazonブラックフライデー2022で買ったものTOP10

人気製品がズラリ。あ、あとでまとめて買おうとすると在庫切れリスクがあります。ちょこちょこ買ったほうが良いですよ!

WhatEveryOneBought AmazonBF2022

Amazonブラックフライデー2022の初日が終わった。スタートダッシュでほしかったものは手に入れられただろうか。

セールは1週間続くが、人気商品や割引率の高い商品は気づいたら売り切れてしまう。時間があるうちにAmazonブラックフライデー2022の目玉商品や買うべき注目アイテムまとめをチェックしてもらいたい。

さて本記事では、セール初日にゴリミー読者が購入したものをまとめた。「みんなが買ったから買おう」という後押しが欲しい人は、参考にしてもらいたい。

散財DAY1:みんなの戦利品まとめ

1位:Fire TV Stick

初日に最も購入された製品は、半額で販売中のFire TV Stick。これは圧倒的に正しい。少しでも買おうと思っているのであれば、通常価格の半額+5.5%ポイントアップになるAmazonブラックフライデー期間中に購入するのがベストだ。

2位:Fire TV Stick 4K Max

Fire TV Stick 4K Maxは、僅差で2位にランクイン。過去最安値での登場となっており、4Kテレビや4Kモニターの解像度を活かすアイテムとして、最高の費用対効果が得られるだろう。

3位:Echo Show 5(第2世代)

Echo Show 5(第2世代)は、誰が買っても通常価格の6,000円オフになり、初めてEchoデバイスを購入する場合はさらに1,000円オフになる。とんでもない安さで販売されているお陰で、3位にランクインした。

Amazon Music Unlimitedの個人プランが6カ月付帯されたプランは79%オフも人気だ。スマートホーム化するついでに、Amazonの音楽ストリーミングを半年間無料で体験しよう!

4位:Echo Dot(第4世代)

4位は、Echo Dot(第4世代)の時計付きモデル。Echo Show 5と同様に大規模な割引が実施されており、通常価格の半額以下で購入できる。こちらもAmazon Music Unlimitedの6カ月無料プランが用意されている。

5位:Samsung microSDカード EVO Plus(128GB)

5位は、例年首位争いに食い込むSamsungmicroSDカードEVO Plusシリーズ。今年はAmazonデバイスに押され気味だ。

実際は過去1年間で2,000円以上の価格になったことが無いのにも関わらず、過去価格を2,630円に引き上げているのは不誠実だが、過去最安値での登場であることに変わりない。

6位:SwitchBot Hub Mini

SwitchBot Hub Miniが6位にランクイン。過去のセールでは、似たようなデザインと機能を持つNature Remo mini 2と競っていたが、最近ではSwitchBotシリーズのエコシステム拡大に伴う支持率アップが著しい。Amazonブラックフライデーでは通常価格の22%オフで購入できる。

7位:SwitchBot スマートロック 指紋認証パッド セット

SwitchBotシリーズの中でも、特に今回のセールで人気があるのは7位のスマートロックと指紋認証パッドのセット。スマートロックは物理鍵を持ち運ぶ面倒さから解放されるが、指紋認証付きナンバーパッドを組み合わせることで、スマホを取り出す手間さえも省けるスグレモノだ。

Amazonブラックフライデーでは、通常価格の3,000円オフで販売中。SwitchBot Hub Miniと組み合わせて使用することで、開閉状況や電池残量の通知がスマホに届く仕組みのため、導入するのであればあわせて購入してもらいたい。

8位:サンディスク microSD(128GB)

8位には、SanDisk製microSDカードがランクイン。Nintendo Switchのメーカー動作確認済み商品となっており、安心して購入できる。通常価格の16%オフで販売中。

9位:Anker Nano II 65W

みんな大好きAnker製品が、めでたく9位にランクイン!予告されていた「Anker Nano II 65W」は現在、20%オフで販売されている。

折畳プラグを搭載しており、持ち運びしやすい設計となっている。最大65W出力をサポートするため、M2 MacBook Airの急速充電、14インチMacBook Proの通常重充電が可能。万が一出先で充電する必要があるときのために、このサイズと軽さであればバッグの中に入れておいても邪魔にならないだろう。

10位:ルンバ i7+

プライムデー2022で「安すぎる」と話題になったルンバ i7+は、Amazonブラックフライデーでさらに値下げ。半額以下で購入できる。高額商品であるにも関わらず、10位にランクインした。

通常価格は約12万円だが、セール期間中の価格は58,500円。ドッキングステーションに最大1年分のゴミを収納できる自動ゴミ収集機が備えられており、清掃だけではなくゴミ捨てまですべて自動で行うハイエンドモデルを安く購入できる絶好のチャンスだ。

番外編:Amazonギフト券チャージ

厳密には「セール対象品」ではないが、販売数だけで言えばAmazonギフト券のチャージタイプが1位だった。

12月1日までの期間限定で、1回5,000円以上のチャージで0.5%ポイントが貯まる仕組みとなっており、クレジットカードも対応。年内で終了予定のプライム会員限定のAmazonギフト券0.5%還元キャンペーンと併用することで、チャージ金額の最大1%がポイントとして還元される

還元されるポイント数は微々たるものだが、何もせずにもらえるポイントはもらって損はない。「カートで購入予定金額を把握→購入予定金額相当をチャージ→チャージ分で支払い」の流れで買い物をおすすめする。

要チェック。おすすめのAmazonブラックフライデー情報まとめ

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
特集
公開情報
更新日2022年12月01日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Amazonセール」新着記事
トレンド検索