Apple Watch、ハンドジェスチャーで操作可能になるアクセシビリティ機能を追加へ

AssistiveTouch for Apple Watchを発表

Appleは5月20日、画面操作が困難な身体機能障害者でもApple Watchを操作可能にするアクセシビリティ機能「AssistiveTouch for Apple Watch」を発表した。モーションセンサー、心拍センサー、機械学習を組み合わせることで、Apple Watchを装着した腕、手、指先の動きで画面操作できる。今年後半に正式リリースする予定だ。

多数のアクセシビリティに関する新機能・新サービスを公開

AssistiveTouch for Apple Watchは、「Global Accessibility Awareness Day」にあわせて公開された多数のアクセシビリティに関する新機能・新サービスの1つ。他にもApple StoreおよびAppleサポートの遠隔手話通訳サービス「SignTime」、iPadのアイトラッキング、画像の読み上げ、Made for iPhone補聴器とオージオグラム、バックグラウンドサウンド、スイッチコントロールのための音声操作、視覚・色覚障害のための画面カスタマイズなどが発表された。

SignTimeは米国、英国、フランスからサービスが開始されており、他国は順次拡大を予定している。その他のサービスは今年後半に提供が予定されている。

関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:602646)

    こういう便利機能で今知ったんですけどiPhoneのアラームって07:60って打ち込むとちゃんと8時になるんですね…

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索