Apple Watch Series 8、体温センサーを搭載か

「数値表示はしないが、風邪や熱があるかは判別できる」

TS210825037 TP V

2022年の新型Apple Watch(Apple Watch Series 8)は、体温センサーを搭載する可能性がある。Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏の最新ニュースレターによると、「Apple Watch Series 8」とエクストリームスポーツ向けモデル「Apple Watch Explore Edition」の2種類が搭載するという。Apple Watch SE 2」は搭載しないと見られる。

Apple Watchの体温計測機能は、「数値表示はしないが、風邪や熱があるかは判別できる」とMark Gurman氏は説明。Appleは、皮膚温度と精度の高いアルゴリズムを組み合わせた体温計測を目指しているとの情報がある。血中酸素濃度センサーと同様に「医療目的ではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスを目的」とするものになるだろう。

新型Apple Watchは、ハードウェアの進化は最小限に留まると見られる。内蔵チップは「S8」になるが、昨年、一昨年と同じチップのネーミングを変えたものだ。ハイエンドモデルには改良されたディスプレイの搭載が内部で検討されているが、最終決定は不明だ。

Appleは2022年、新型Apple Watchを3種類同時に発表すると噂されている。Series 3は今秋に販売終了が濃厚。代わりに現行のSEが同等の価格帯に値下げし販売を継続する可能性がある。

2022年の新型Apple Watch

6本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索