次期Apple Watchはマイナーアップグレードか?!薄型化モデルは2017年に登場?!

Apple-Watch-Battery-Usage-02.JPG

もし、外観が完全に新しくなった超薄型のApple Watchを待っているのであれば、今のうちにスポーツモデルでも買ってしまった方が良いかもしれない。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が公表した投資家向けのレポートによると、Appleが2016年に発表を予定しているApple Watchの外観は現行モデルと変わらず、iPhoneの「s」系アップデートと同様に内部仕様のアップグレードに留まると伝えている!

WatchもiPhoneと同じアップグレードサイクルになるか

今年発表予定のiPhoneはヘッドホン端子とDラインが消える以外は基本的に外観が変わらないという噂されているが、基本的にiPhoneは2年に1回のメジャーアップデートが行われる

今回のレポートによるとApple Watchの同様のアップデートサイクルになる見通し。以前噂された最大40%薄型化されたApple Watchは2017年まで発表されない可能性が高そうだ。

残念ながら内部仕様がどの程度アップグレードされるのかは不明だが、以前9to5Macが報じていた情報によると次期モデルは内部カメラを搭載し、iPhone不要で利用できる機能が拡大されるとのこと。メジャーアップグレードにしては物足りないが、今回Kuo氏が言う通りマイナーアップグレードであればこの仕様変更には納得できる。

Appleは「iPhone SE」の発表と同時にApple Watch用新バンド「ウーブンナイロン」を発表し、本体価格を値下げ36,800円から販売することを発表した


(via AppleInsider

関連情報
更新日2016年04月11日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索