「Apple Watch Series 3」、特徴は電池性能の向上?!9月に発表?!

Apple Watch Series 2 Review
Apple Watch Series 3」こと次期「Apple Watch」は2017年第3四半期(7〜9月)に発表され、電池性能の改善が特徴となるEconomic Daily Newsが報じている!新しい電池技術を採用し、バッテリー性能が向上する見通しとなっている。

残念ながら、現時点ではハードウェア面に関しては他に目立った新機能はないとのことで、これまで噂されていた睡眠管理機能心拍センサーによるユーザー認証などの新機能に関する情報は今のところない。

今後は毎年、新型iPhoneと同時に発表されるのか?!

当初はファッションアイテムの側面を強く推していたAppleは、「Apple Watch Series 1/2」でフィットネス・ウェアラブルの側面を強化。耐水性能の向上やGPSの対応に加え、ディスプレイ性能の向上やFeliCaに対応し基本性能が向上した。


電池持ちが改善されるのはフィットネスウェアラブルとしての「Apple Watch」の欠点を改善することになる。心拍センサーをオンにした状態で、iPhoneを使わずに「Apple Watch Series 2」の内蔵GPSを使用した場合のワークアウト時間は最大5時間であるとAppleは公表している。フィットネス・ウェアラブルとしては正直、物足りない。

初代「Apple Watch」の発売開始から「Apple Watch Series 1/2」の発売まで1年半あったが、「Apple Watch Series 3」が2017年第3四半期に発売されるのであれば、やはり次期iPhoneと同時発表になる可能性が高い。

今後、iPhoneと「Apple Watch」はセットで発表されるのだろうか。「腕時計」は頻繁に買い換えないが「フィットネス・ウェアラブル」なら毎年買い換えても不思議でない。Appleが見据える「Apple Watch」の未来はとても気になる。

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!


(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!