防災情報を国内最速レベルで提供する「特務機関NERV防災アプリ」が配信開始

端末の位置情報・防災情報の種類・緊急度などによって静かな通知・通常の通知・重大な通知を使い分け

Nervapp main

ゲヒルンは9月1日、「特務機関NERV防災アプリ」を配信開始した。

同アプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するアプリ。被害が予想される地域に居住する方や訪問者等が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発。

記事執筆時点ではiOSアプリが先行してダウンロード可能となっていて、Androidアプリは後日公開予定。

緊急度の高い情報では「重大な通知」でユーザーに危険が迫っていることを知らせてくれる

「特務機関NERV防災アプリ」は、以下の防災情報を受信することが可能:

  • 天気や台風の予報
  • 雨雲レーダー
  • 地震・津波・噴火の速報
  • 特別警報や土砂災害の情報
  • 河川の情報
  • 大雨危険度通知
  • Jアラート(国民保護情報)
  • ダム放流通知

画面に表示された地図をタッチすることで、今いる地点を拡大したり、全国を見渡すことができ、雨雲の様子や各地の震度を自由な縮尺で見ることもできる。

また、端末の位置情報、防災情報の種類、緊急度などによって、通知音やバイブレーションを行わない静かな通知や、通常の通知、重大な通知を送り分けることができることも「特務機関NERV防災アプリ」の特徴。

緊急度の高い情報では「重大な通知」でユーザーに危険が迫っていることを知らせてくれるとのこと。緊急地震速報(警報)や津波警報などの重大な通知はマナーモードやおやすみモードに設定中でも強制的に鳴動する仕組みになっている。

なお、アプリの名称は、人気アニメ作品『エヴァンゲリオン』シリーズに由来。エヴァに詳しくない人のために解説すると、「特務機関NERV」は、使徒と呼ばれる謎の生命体に対処するための超法規的組織で、使徒の襲来を知らせる警報を発令する役目を果たしている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索