「iOS 10.3 Beta」の32bitアプリに対する警告内容が変更ーー「iOS 11」で利用不可になる可能性

Ios 10 3 beta 1 32 bit app alert

iOS 10.3 Beta」における32bitアプリに対する警告内容が従来のものから変更され、その内容から「iOS 11」で64bitに対応していないアプリは起動できなくなる可能性がある。

Appleは2015年2月以降は64bitのサポートと「iOS 8 SDK」の使用を必須条件にしているものの、32bitアプリは一応起動することは可能だった。状況は「iOS 9」から変わり、64bit未対応アプリを起動すると「iPhoneの動作が遅くなる場合があります」と警告されるようになった。

先日配信が開始された「iOS 10.3 Beta / Public Beta」では将来のアップデートでは動作しない可能性がある旨が警告されるように。よって、今年夏に披露されるであろう「iOS 11」からは32bitアプリは起動することもできなくなり、サポートが終了する可能性がある

まだApp Storeに32bitアプリを配信しているアプリ開発者は早めに64bit対応を行った方が良いかもしれない。

(via 9to5Mac

もっと読むiOS 10まとめ