Oceanic+アプリ、Apple Watch Ultra向けに配信開始

深度、時間、最近のダイビングのログなど基本的な機能は無料。減圧トラッキング、身体組織負荷、ロケーションプランナーなどは有料

Apple Watch Ultra Oceanic Plus hero

Appleは11月29日、Apple Watch Ultra向けにダイブコンピューターアプリ「Oceanic+ Dive Computer App」を配信開始した。レクリエーショナルスキューバダイバー向けに、先進的なダイブコンピュータのすべての主要機能、堅牢なダイブプラン、および包括的なダイビング後の体験を提供する。

利用できる機能は以下のとおり。

  • スキューバ、シュノーケリング、サーフェスの各モード
  • ダイビング前のロケーションプランナー(水上と水中の状況を確認可能)
  • No Deco プランナーによる潜水深度と時間の計算
  • バリオメーターや 3D 傾斜補正コンパスなどのツールを内蔵
  • 現在の深度、残りの潜水時間、浮上速度のモニタリング
  • 読みやすく色別表示されたリアルタイムのダイブパラメーター
  • GPS で強化されたダイブログブック
  • 個人のダイブ統計
  • 視覚または触覚による安全上の警告
  • 7 種類の Watch 文字盤用コンプリケーション

一部機能は有料。深度、時間、最近のダイビングのログなど、多くの一般的なダイビング機能はすべて無料で利用できる。

減圧のトラッキング、身体組織負荷、ロケーションプランナー、無制限のログブック機能を利用する場合、月額1,150円または年額10,200円かかる。最大5人までアクセスできるファミリー共有対応のプランは、年額14,800円で提供されている。(価格はいずれも税込み)

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watch Ultra」新着記事
トレンド検索