iOS 13.3.1 Beta 2、iPhone 11 ProのU1チップを無効化する設定項目を追加

UWBの業界規制を遵守するための位置情報利用、無効化することが可能に

Jonas leupe WargGLQW Yk unsplash using iphone11pro

iOS 13.3.1 Beta 2」は、iPhone 11 Pro」のU1チップを無効化する設定項目が追加されていることが明らかにあった。

Appleは昨年12月、「iPhone 11 Pro」で位置情報の取得をすべて拒否していてもデータの収集を続けている、との疑いが掛けられた。AppleはTechCrunchに対し、位置情報の使用を否定。「iPhone 11 Pro」のU1チップが高精度な測位を可能とするUWB(ウルトラワイドバンド、超広域無線)を使用する上で、意図した動作であると説明している。

UWBは業界標準技術であり、特定の場所ではオフにする義務がある。Appleは、iPhoneがUWBの使用が禁じられている場所か判断するため、位置情報を使用していたそうだ。


位置情報サービスのシステムサービス内に新しい項目が追加

Appleは、UWBの位置情報利用を完全に無効化する設定を追加すると発表。「iOS 13.3.1 Beta 2」には、「設定」アプリの「プライバシー > 位置情報サービス > システムサービス」内に、「ネットワークとワイヤレス用のいち情報」という項目が追加されている。

無効化することでUWBが正常に動作しなくなるほか、BluetoothやWi-Fiにも影響を及ぼす可能性があると警告されている。

(Source: 9to5Mac

関連キーワード
カテゴリiOS 13まとめ
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 13」新着記事
トレンド検索