iOS 15.4、サードパーティアプリの120Hz表示をサポート

これまでは純正アプリのみ、iPhone 13 ProのProMotionディスプレイを活用できていた

Using the iPhone 12 Pro 05

Appleが1月28日、開発者向けにリリースしたiOS 15.4のベータ版では、サードパーティアプリがiPhone 13 Proシリーズの最大120Hzリフレッシュレート(ProMotionディスプレイ)をサポートしている。Core Animationのバグにより、純正以外のアプリは60Hzに制限されていた。

iOS 15.4ではバグが修正。サードパーティアプリは自動的に120Hzをサポートする。Redditアプリ「Apollo」を開発するChristian Selig氏は、アプリが120Hzで動作している確認が取れたと報告している。

iPhone 13 ProまたはiPhone 13 Pro Maxを持っている人はiOS 15.4にアップデート後、表示速度の向上により動作が全体的にキビキビしているような印象を受けるだろう。2022年の新型iPhoneiPhone 14)は、引き続きProモデルに限定される見通しだ。

(Source: MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年01月28日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索