iOS/iPadOS 15.4.1、正式リリース。電池の減りが早くなるバグなどを修正

点字デバイスが反応しなくなる問題、MFi補聴器と接続が解除される不具合などをも修正

IOS15 4 1 update

Appleは4月1日、iOS 15.4.1およびiPadOS 15.4.1を正式リリースした。

最新バージョンでは、iOS 15.4およびiPadOS 15.4にアップデート後にバッテリーが予想よりも早く消耗する問題を修正。テキストナビゲートまたは通知表示中に点字デバイスが反応しなくなる問題、「Made for iPhone」「Made for iPad」の補聴器で一部の他社製アプリとの接続が解除される問題が対処されているという。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツはこちらのページから確認できる。

アップデートは「設定」アプリの「一般」を開き、「ソフトウェア・アップデート」から行う。最新アップデートが配信されている場合は、最新バージョンが表示される。「ダウンロードしてインストール」をタップするとパスコード入力が求められ、ダウンロードとインストールが開始する。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年10月18日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:623550)

    不正に情報を抜き出したり、任意の命令を実行したりできる
    不味い脆弱性の修正があるので、早めにアップデートしよう!
    (Macにもあるそうな)

  2. g.O.R.i(コメントID:623548)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:623546)
    ちょっとした事ですが、 >iOS 15.4およびiPadOS 15.4にアップデー後に アップデート後ではないでしょうか。

    はーごめんなさい゚゚(´O`)°゚ ありがとうございます!修正しました!

  3. 通りすがりの読者(コメントID:623546)

    ちょっとした事ですが、
    >iOS 15.4およびiPadOS 15.4にアップデー後に
    アップデート後ではないでしょうか。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索