iOS/iPadOS 15.6、正式リリース。「デバイスのストレージがいっぱいです」など不具合を修正

機能強化、バグ修正、およびセキュリティアップデートなど

IOS15 6 update release

Appleは7月21日、iOS 15.6およびiPadOS 15.6を正式リリースした。機能強化、バグ修正、およびセキュリティアップデートが含まれており、デバイスのストレージに空き領域がある場合でも「デバイスのストレージがいっぱいです。」と表示され続ける問題が修正されている。

iOS 15.6のリリースノートに記載されているアップデート内容は以下のとおり。

  • TV Appに、すでに進行中のスポーツ中継を最初から再生したり、一時停止/早戻し/早送りするオプションを追加
  • デバイスのストレージに空き領域がある場合でも、“設定”に“デバイスのストレージがいっぱいです。”と表示され続けることがある問題を修正
  • “メール”でテキストをナビゲートしたときに点字デバイスの動作が遅くなったり、反応しなくなったりする可能性がある問題を修正
  • Safariのタブが前のページに戻されることがある問題を修正

iPadOS 15.6は上記内容に加えて、iPad mini(第6世代)で充電器やその他のUSB-Cアクセサリが検出されないことがある問題が修正されている。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、こちらのページから確認できる。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年10月18日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:630972)

    Safariのブックマーク同期のバグ直して🥺

  2. 通りすがりの読者(コメントID:630889)

    アップデート、結構時間がかかりました。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索