iPadOS 16:iPadの新しいホームハブ機能は非対応。既存機能は利用可能

「新しいアーキテクチャ」を利用するにはApple TV、HomePod、HomePod miniが必要に

Homekit apple camera

Appleよりキャプチャ

iPadは、iPadOS 16で実装される新しいアーキテクチャをサポートしないThe VergeがAppleの広報担当に確認した情報によると、既存HomeKit製品のホームハブとしての機能は継続するという。

Appleが説明する「新しいアーキテクチャ」の詳細は不明。iPadOS 16では、複数企業から構成されたスマートホームの標準規格「Matter」に対応する。iPadはMatter製品のホームハブとして利用できない可能性がある。

公式サイト、ホームハブ対応製品はApple TVとHomePodのみと記載

iPadのホームハブ機能廃止は、MacRumorsiOS 16ベータ版のコード内にiPadのサポート外を説明する記述を発見したことで話題になった。Appleは、iPadOS 16のプレビューページに「ホームハブとして利用できるのはApple TVHomePodのみです」と記載していた。

HomeKit製品は、アクセサリの通知や家族が製品操作を可能にするためにはホームハブが必要。現在iPadをホームハブに指定しており、新しいアーキテクチャにアップグレードする場合は、自宅にApple TVHomePodHomePod miniのいずれかを設置し、ホームハブとして指定し直す必要がある。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年06月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 16」新着記事
トレンド検索