iOS/iPadOS 16やmacOS VenturaのBeta 2、開発者向けに配信開始

最新のベータ版で追加された新機能や変更点などをピックアップ

Brandon romanchuk scsXux0vykw unsplash

Appleは6月23日、iOS 16 beta 2」「iPadOS 16 beta 2」「macOS 13 beta 2」「watchOS 9 beta 2」「tvOS 16 beta 2」を開発者向けに配信開始した。WWDC22の基調講演直後にリリースされた最初のベータ版以来、初のアップデートだ。

iOS 16 beta 2、beta 1になかった新機能が複数追加

iOS 16のbeta 2は、初ベータ版になかった新機能が複数追加された。

MacRumorsによると、目玉機能であるロック画面の編集機能には、設定した壁紙に2つのオーバーレイオプション「DuoTone」と「Color Wash」が用意され、壁紙の設置位置が調整可能であると示唆するUIが登場。設定した壁紙は、マルチタスク機能と同じように上方向へのスワイプで削除できる。宇宙のデフォルト壁紙は、地球上の現在位置が分かる緑ドットが編集中に限り、表示される仕様になった。

4G(LTE)でiCloudへのバックアップできる機能が加わった。iOS 15まではWi-Fiまたは5G環境のみでしかバックアップできなかった。iPadOS 16でも同様の機能が利用できる。

iPadで初めて提供されたクイックノート機能がiPhoneでも利用可能になったことを受け、beta 2にはiPhoneで撮影したスクリーンショットをクイックノートへ保存するオプションが追加された。

SMSのフィルタリング機能、メッセージのスパム報告機能、HealthKit APIも最新ベータ版で提供されている。iPadOS 16の目玉機能「ステージマネージャ」は設定アプリに専用項目が追加。最近使用したアプリの表示有無、使用時のドック表示有無を選べる。

配信開始した各OSのバージョンとビルドナンバー

各OSの新機能・対応機種・最新情報まとめ

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索