iPadOS 16、iOS 16より1カ月遅れて正式リリースか

不具合の修正に時間を要している模様、新型iPadモデルの発売時期に合わせている可能性も

WWDC22 2022 Keynote 5917

iPad向けの次期OS「iPadOS 16」は、正式リリース時期が約1カ月遅れる可能性がある。Bloombergによると、iOS 16と同じ9月頃ではなく、10月になるという。例年は同日に一般公開される。

リリース時期を延期する理由の1つに、新しいマルチタスク機能「ステージマネージャ」の不具合修正に時間を要している模様。ステージマネージャはM1チップを搭載したiPad ProまたはiPad Airに限定されており、対応する新型iPadの発売時期と合わせる狙いもあるだろう。

Apple、年内にM2チップを搭載した新型iPad Pro発表の噂

ステージマネージャは、アプリケーションとウインドウを自動的に整理し、タスク間の切り替えをすばやく簡単にできるようにする新機能。重なり合う異なるサイズのウインドウを単一のビューで作成したり、横からウインドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリを開いてグループを作成したり、今までにないほど柔軟なマルチタスキングが可能になる。

Appleは、M2チップを搭載した新型iPad ProUSB-Cポートを搭載したエントリーモデルのiPadを発表すると噂されている。

なおwatchOS 9の正式リリース時期は、iOS 16とともに9月。macOS Venturaは10月になると報じている。新型iPhoneとApple Watchは9月、新型MacとiPadは10月に正式発表すると考えられるだろう。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 16」新着記事
トレンド検索