iPhone 13 Pro、カメラ大型化でMagSafeデュアル充電パッドに当たる

iPhone 13は影響を受けないが、iPhone 13 Proはケース装着時に本体が浮いてしまう

Iphone13pro cases magsafe duo charger 02

iPhone 13 Pro/Maxは、大型化したカメラユニットの影響でMagSafeデュアル充電パッドに正常どおり設置できない恐れがある。iPhone 13 Proの純正クリアケースを設置したところ、カメラユニットが充電部分と重なっている。

横から見ると、ケースのカメラユニットを覆う部分があたっており、ケースが浮いてしまっている。
Iphone13pro cases magsafe duo charger 03

MKBHDが実機を持って検証、ケースなしであればギリギリ使用できる

iPhone 13シリーズの先行レビューを公開した、YouTuberのMKBHDことMarques Brownlee氏によると、iPhone 13iPhone 13 miniをケースなしで装着した際は干渉しない。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、カメラの突起と充電台が「ものすごく近くなる」と紹介。しかしケースを装着すると、充電はできるが、やはりケースが当たり浮いてしまっていると報告している。

Appleは、iPhone 13シリーズをMagSafeデュアル充電パッドと互換性のある製品として表示しているが、iPhone 13 Pro/Maxは充電台とわずか距離が生まれることで、充電効率が低下する恐れがある。ケースを使用する人は念頭に置いたほうがいいだろう。

ギャラリー
  • Magsafe Dual Charger has a problem
公開情報
更新日2021年11月12日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 13」新着記事
トレンド検索