iPhone 7 ブラックモデル レビュー

gorime-bar-onecolumn

時代を先取りする、完成度に磨きが掛かったiPhone

iPhone 7」のブラックモデルを手に入れてからかれこれ1週間が経った。見た目は今までにないクールなカラーでとても気に入っているが、「iPhone 6s Plus」からの乗り換えなので、サイズダウンしたことに関しては「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた時に抱いた感想と非常に近い。

とは言え、「iPhone 6s」も一時期使っていた僕としては4.7インチモデルとしては進化している点も多く、「iPhone 6s Plus」を上回る点も多々ある。よって、iPhone 7」は小型化されてパワーアップした「iPhone 6s Plusと言えるのではないかと考えている。

「iPhone 7」を購入しようとしている人のために、本記事では「iPhone 6s Plus」から「iPhone 7」に乗り換えて使ってみて分かったことについてまとめたので、今後購入を検討している人は参考にどうぞ!

外観はよりシンプルに美しく、ブラックの完成度は高い

IPhone 7 Photo Review

何よりも先に触れておきたいのは外観の美しさ。新カラーモデル2色のうち、残念ながらジェットブラックは未だに実機を見ることができていないが、僕が手に入れたブラックモデルのマット仕上がりは予想以上だ。

特に気に入っているのはカメラ周り。これまでのモデルはカメラの突起が唐突で非常に目立つ存在ではあったが、カメラが本体のカラーと一致するようになったことで一体感があり、以前ほど主張していないような印象を受ける。

IPhone7 iPhone6s Comparison

背面を図々しく横断していたアンテナラインは見事に消え去り、本体上部のみに。残されたアンテナラインも本体とほぼ同化し、ほとんど目立たない。多くの人がケースを付けるので関係ないかもしれないが、やはり背面が美しいと思わずケースを付けずに持ち運びたくなる。今年はクリアケースが売れそうな予感。

IPhone 7 Photo Review

IPhone 7 Photo Review

IPhone 7 Photo Review

ヘッドホン端子廃止は全く困らない

IPhone 7 iPhone 6s Comparison

何かと騒がれているヘッドホン端子の廃止だが、僕は以前から有線オーディオが面倒だと感じていたので、既に手元にあるほとんどのヘッドホン/イヤホンは無線。個人的には全く困っていない。むしろ、iPhone本体の底面が左右対称になり、デザインとしてはとても良いのではないかと感じる。

IPhone 7 Review Headphones

僕は音楽の専門家でもなければ特別耳が良いという自覚もないが、最近のワイヤレスヘッドホンは十分な音質を提供し、有線ヘッドホンを上回る快適さがある。満員電車の中でコードが他人のカバンに引っ掛かることもなければ、カバンに放り込んで出した時にケーブルが絡まっている心配もない。電池持ちも決して悪くない。

僕がこれまで買って試しているBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンやイヤホンは以下の記事でまとめているので、是非参考にどうぞ!もう少し待てる人は海外で「電動歯ブラシのブラシにしか見えない」と話題のAppleの「AirPods」を待つのもありかもしれない。

わざわざ新しいヘッドホンやイヤホンを買いたくない、という人も安心してください。同梱されているアダプタを利用すれば今まで使っていたものを引き続き使うことができる。今すぐお気に入りのイヤホンにアダプタを挿しておきましょう!

IPhone 7 Photo Review

IPhone 7 Photo Review

同梱されている純正イヤホンもLightning接続となっている。

IPhone 7 Photo Review

感圧タッチ式になったボタンには違和感 慣れが必要

IPhone 7 Review

ホームボタンは劇的に変わった。見た目こそ大きな変化はないが、物理ボタンではなく感圧タッチになったため、ボタンの感触は全く持って異なる。「iPhone 7」と「iPhone 6s」を並べてホームボタンを押してみるとその違いがよく分かる。

個人的にはこのホームボタンには未だに慣れない。ホームボタンを押しているというよりはホームボタンとその周りを押しているような不思議な感覚だ。12インチ型MacBookのトラックパッドのように通常のトラックパッドと見分けが付かないと言えるほどの感触は再現できていないため、とにかく慣れが必要。

違和感はあるものの、使いづらいことはない。ホームボタンとしての機能は従来と変わりないが、懸念点を上げるとしたら爪先でホームボタンを押す人は反応しないということ。冬場は通常の手袋も反応してくれないため、スマホ用手袋は必須になりそうだ。