「macOS High Sierra 10.13.2 Public Beta 2」、リリース

Macos high sierra hero

「macOS High Sierra 10.13.2 Public Beta 2」がパブリックベータプログラム登録者向けにリリースされている。

現行バージョンでは一部Macがスリープから正常に復帰できない不具合や、iMessageの受信遅延などが発生し、動作が不安定。次期バージョンではそれらが修正されていることを願いたい。

NetMarketShareのデータによると、リリース後1ヶ月の普及率は「OS X Yosemite」以降では過去最低を記録。

2017年10月時点におけるシェアは「macOS Sierra」「OS X El Capitan」「OS X Yosemite」に続く4位となっていて、未だに過半数が「macOS Sierra」にとどまっていることが明らかになっている。