AirPods Pro レビュー

AirPodsと比較してデザインや機能、音質などすべてが進化した”Pro”モデル

Appleは10月29日、「AirPods Pro」を正式に発表した。AirPodsにもついに”Pro”シリーズがラインナップに加わった。

現行モデルである「AirPods」の第2世代モデルの魅力や良さをそのまま引き継ぎつつ、インナーイヤー型を採用することによって「AirPodsは欲しいけど耳の形に合わない」問題を解決。新たにアクティブノイズキャンセリング防滴仕様も加わり、”Pro”の名に相応しいスペックとなった。

すでに「AirPods 2」を買ってしまった人も多いと思うが、「AirPods Pro」は買い換えるべきなのか。今から買うなら「AirPods Pro」と「AirPods 2」、どちらを買うべきなのか。

本記事では2019年3月に発表された「AirPods 2」のデザインや機能、音質や価格などを比較対象としつつ、新たに発売された「AirPods Pro」を紹介する!

”うどん”感がなくなった本体、充電ケースも横長に

AirPods Pro 2019 Review 01

「AirPods Pro」のデザインはこれまでのAirPodsからガラッと変わっている。

AirPods Pro本体(イヤピース)

AirPods Pro 2019 Review 12

まず、「AirPods Pro」本体(イヤピース)の長さが約半分ほどに。従来は”うどん”と揶揄されていた柄の部分もかなり短くなり、従来よりは目立たないデザインに。

何よりも今回は後述するノイズキャンセリング機能を有効化するためにインナーイヤー型に変わっているのだ。「耳の形に合わず抜け落ちてしまう」問題が原因でこれまで「AirPods」を買えなかった人は、「AirPods Pro」ならようやく購入できるかもしれない。

出た当初はイヤーチップが耳の奥まで入る形状を理由に「カナル型」と表現していたが、Appleの公式サイトを見ても「カナル型」との表記はなく、基本的にはこれまでの「AirPods」と同じ「インナーイヤー型」に属する完全ワイヤレスイヤホンであると考えられる。

シリコン製のイヤーチップには大中小の3サイズが用意され、取り付けやすいが外れにくい構造になっているんだとか。実際に試してみたが、たしかにその通りだった。

AirPods Pro 2019 Review 15

AirPods Pro 2019 Review 16

AirPods Pro 2019 Review 10

しかもこのシリコンチップ、ソフトウェアと連携して自分の耳に合っているかどうかを判定する機能が用意されている。設定アプリの「Bluetooth」項目にある「AirPods Pro」の横に表示されている「i」をタップすると「イヤーチップ装着状態テスト」という項目が用意されていることが分かる。

「このイヤーチップのサイズ、自分の耳に合ってるのかな?」という疑問を、ハードウェアとソフトウェアによる連携で解決している。ここはAppleならでは。

ちなみにイヤーチップは一般的なインナーイヤー型イヤホン用に用意されているものとは全く異なる構造になっているため、サードパーティ製のものを取り付けることは現時点ではできないと考えた方が良さそう。

柄の部分は短くなったが、一応残ってはいる。完全に廃止されていない理由は、そこに操作用のボタンが配置されているから。「AirPods」は操作内容が限られていたものの、「AirPods Pro」では有線型の「EarPods with Lightning Connector」に近い操作性を実現。

この操作方法は、他の完全ワイヤレスイヤホンと比較して非常に優れている。多くの場合、イヤホンの外側を頭方向に押し込むことによって操作する位置にボタンが配置されていることが多いが、「AirPods Pro」の場合は柄の部分を2本の指で挟み込むように操作するため、耳への負担が一切ない

また、操作する際に押したような感覚が味わえる触覚フィードバックがあるため、押しているかどうかも指先の反応で分かる点も良い。Apple純正のリモコン付きイヤホンの操作に似ているので昔からiPhoneを使っている人はすぐに馴染めるだろう。

参考に「AirPods Pro」と「AirPods 2」の外観を比較してみる。

AirPods Pro 2019 Review 19

AirPods Pro 2019 Review 20

「AirPods Pro」と「AirPods 2」では柄の長さがかなり変わっていることが分かる。そして「AirPods Pro」の操作用ボタンは「EarPods」のリモコンに似ている部分がある。感圧式となっていて、押すと「プチッ」とした反応がある。

使うなら覚えておこう!AirPods Proの操作方法

参考に、「AirPods Pro」の操作方法を載せておく。残念ながら音量を物理的に操作する方法はなく、Apple WatchまたはiPhone、MacやiPadなど接続しているデバイスから変更する必要がある。

AirPods Proの操作方法
1回押す 再生、一時停止、電話に応答
2回押す 次の曲にスキップ
3回押す 前の曲にスキップ
長押し アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
Hey Siri 曲の再生、ノイズキャンセリングのオン・オフなど各種操作が可能

AirPods Pro充電ケース

AirPods Pro 2019 Review 06

充電ケースは従来よりも横長になっていることが特徴。「AirPods」の充電ケースを横向きにした時のサイズ感が似ている。

AirPods Pro 2019 Review 22

AirPods Pro 2019 Review 17

充電ポートは従来と同じLightningのまま。ただし、「AirPods 2」と同様にワイヤレス充電にも対応しているので、自宅にあるワイヤレス充電パッドに載せるだけで電池不足を解消できる。

AirPods Pro 2019 Review 04

装着感とアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモード

Using AirPods Pro outside 12

「AirPods Pro」最大の特徴はノイズキャンセリング機能先行レビューによると、ノイズキャンセリング機能自体を「予想以上」と評価する声もある一方で、それ以上に外部音取り込みモードの自然さを高く評価する声が多い

装着感:他のインイヤー型とは違う

早速身につけると、従来の「AirPods」にはなかったフィット感と安定感があることに感動する。僕の場合、「AirPods」の装着感はとても良く、抜け落ちる心配もないのだが、シリコンチップを利用したインナーイヤー型イヤホンになったことによりしっかりと固定している印象がある。

AirPods Pro 2019 Review 13

さらに、インナーイヤー型イヤホン特有の、耳が必要以上に密閉された不快感が全くない。どうやらこれは「AirPods Pro」のデザインアクセントにもなっている黒い部分である通気口が装着感の良さに大きく貢献している模様。

外部音取り込みモード:従来のAirPodsに近い装着感を実現

装着の自然さは、外部音取り込みモードを有効化すると一層増す。これは前評判通りで期待を裏切らない。いやむしろあまりにも感動的なので、買ってから耳に入れっぱなしで過ごしている。

装着したままで外部音を取り込んでくれる機能は他のイヤホンやヘッドホンにも搭載され、僕も何度も試してきたが、どうしても音が不自然で違和感がある。確かに”外の音”は聞こえてくるもののそれ以上の性能ではなく、イヤホンやヘッドホンをしていない状態で耳に入ってくる音とは程遠い。

「AirPods Pro」はその点が全く違う。音が非常に自然で心地が良く、密閉感もなく快適。「AirPods」はまるで身に付けていないような装着感がお気に入りだったが、この外部音取り込みモードによって「AirPods Pro」でも同様の装着感を実現できているようだ。テクノロジーの勝利……!

試しに「AirPods Pro」を装着したままタリーズでコーヒーを買ってみた。難なく注文完了。

Using AirPods Pro outside 03

自宅では付けたま娘と会話したが、全く問題ない。テレビの音も聞こえる。妻との会話にも全く問題なく反応でき、騒がしい犬の鳴き声もいつも通り耳に突き刺さる。イヤホンをしているのに、していない状態に限りなく近いのだ。

アクティブノイズキャンセリング:AirPodsの快適さに静粛が追加

「AirPods」は、少なくとも自宅や地元周辺で使う分には全く問題ないが、電車に乗るとなると即選択肢から外れてしまう。電車の音がうるさすぎるからだ。特に地下鉄の場合は「AirPods」の音量を最大にしても騒音にかき消されてしまうほど騒がしい。

その欠点を「AirPods Pro」はついに克服してしまった。アクティブノイズキャンセリング機能が搭載されたからだ。

ノイズキャンセリング機能の仕組みとしては、外側にあるマイクが外の音を感知し、内側にあるマイクがソフトウェアと連携して1秒間に200回音を調整。耳に伝わる頃には余計なノイズが排除された、聴きたい音だけが聞こえる状態になるそうだ。使う上で必要のない知識だし、技術的に凄い、と理解しておけばOK!

実際に「AirPods Pro」のアクティブノイズキャンセリングを試したところ、予想以上の精度で驚く。いや、Appleの技術を甘く見ているとか、そういう話ではないのだが、この小ささと軽さでこのノイズキャンセリング性能は本当に予想以上だった。

Using AirPods Pro outside 06

何に感動したかと言うと、先程紹介した外部音取り込みモードからノイズキャンセリングモードに切り替える時。切り替わるタイミングがあまりにも心地良すぎるのだ。もちろん、外部音取り込みモードに戻す時も「ピコーン!」という優しい音とともにスッと戻る。

これまで試してきた外部音取り込みモードを持つヘッドホンは明らかに外部音を電子化したような音が取り込まれていたせいで「メインはノイキャン有効、必要に応じて外部音取り込み機能を使う」という使い方だったが、「AirPods Pro」の場合は「外部音取り込みモードが基本、集中したい時にノイキャン有効」という使い方になりそうだ。

つまり、従来の「AirPods」の使い勝手をそのままにノイズキャンセリング機能を載せた、と言っても過言ではない。1日中耳の中に入れっぱなしにしたくなる快適さは変わっていないのだ。

ノイズキャンセリングを有効化した状態で音楽を流すとさらに感動する。ノイズキャンセリングと言っても不快感を感じる雑音がほとんどかき消されるだけで、完全に無音になるわけではない。ただ、そこに音楽を流せばもはや静粛そのもの。音楽に集中できるはず。

ここでまたノイズキャンセリングモードから外部音取り込みモードに切り替えてみる。すると、かき消されていた雑音が入ってくるが、音楽はそのまま。従来の「AirPods」と同じ状態になり、音楽が聞こえづらくなるだろう。

すぐにまたノイズキャンセリングを有効化すると、またスッと雑音が消える。これが最高に気持良いのだ。聞こえなくなっていた音楽がまた聞こえる。あまりにも自然と切り替わるため、まるで自分の耳が超能力を得たような気分になる。

ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの精度の高さを印象づける体験として、静かな部屋の中で切り替えても音質や聴き心地が全く変わらなかった。ヘッドホンで同様の機能を利用すると明らかに音が不自然になってしまうことが多かっただけに、Appleの技術力に感動した。

ちなみに、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの切り替えは「AirPods Pro」本体だけではなく、iPhoneのコントロールセンター長押しから、設定アプリのBluetooth項目から、そしてApple Watchを持っていれば切り替えることができる。

Using AirPods Pro outside 08

音質:AirPodsよりも確実に改良、”Pro”かどうかは不明

Using AirPods Pro outside 19

さて、ここで最大の疑問だ。「AirPods Pro」の音質はどうなのか。音は良いのか。

Appleによると、耳の形に合わせて自動的に音楽の低音域部分と中音域部分を調整する「アダプティブイコライゼーション」や音質の最適化や20Hzまでの低音と正確な中高音域を安定して提供できる専用の「ハイダイナミックレンジアンプ」を内蔵しているらしい。

僕の印象としては、インナーイヤー型になり耳に密閉されるため低音や中音域は以前よりもハッキリと聞こえるような気がするものの、音質という意味では特別な感動はなく、”Pro”感もない。基本的には「AirPods」の音質の延長線上にある、という印象があり、流れてくる音のクオリティに感動はない。

だからと言って”音が悪い”わけではない。矛盾するような表現だが、僕はこの音がとても気に入っているかもしれない。

音の作り方に特徴があるような印象は受けないが、試してみた様々なジャンルの音はいずれも快適に聴くことができた。課題とされていた低音は必要以上に強調されているような印象はなく、不十分にも感じなかった。かなり良いバランスだ。

音の解像度が高いかというと、素人なりの回答としては、恐らくそのようなことはないと思う。例えば、直前までゼンハイザーの「MOMENTUM 3」を日常的に使っていたが、このヘッドホンは”音楽を浴びている”感が凄まじい。物理的にも構造的にもあらゆる意味で全く違うので当たり前だが、そのような音質を「AirPods Pro」には期待しない方がいい、ということは知ってもらいたい。

それを踏まえた上でも、僕は「AirPods Pro」の音が好きだ。音楽もポッドキャストもYouTubeもすべて楽しめる。耳にスポッと入る。軽い。Appleデバイスとの連携が最高。外部音取り込みモードへの切り替えが一瞬かつ自然。

これらをすべて踏まえると音質そのものがトップレベルではなかったとしても、僕は十分満足している。交互に聴き比べればハイエンドヘッドホンなどとの差は感じるかもしれないが、音の専門家でもなければ楽しめるのではないかと思う。

電池持ち:ノイズキャンセリングを使ってもほぼ変わらず

AirPods Pro 2019 Review 05

「AirPods Pro」の凄いところは、優れたノイズキャンセリング機能/外部音取り込みモードを用意しておきながら電池持ちはどちらも最大5時間だということ。

「AirPods」は単体使用で5時間、ケース付きで24時間となっているが、「AirPods Pro」は単体使用で最大5時間、ノイズキャンセリング機能/外部音取り込みモードを有効化した状態でも4時間半、無効化した状態で5時間、ケース付きで変わらず24時間となっている。

単体での連続通話時間は最大3.5時間、ケース付きで18時間以上で同じ。高速充電はどちらも対応し、「AirPods Pro」は5分間の充電で約1時間の再生または連続通話が可能となっている。

「AirPods Pro」の充電ケースはワイヤレス充電にも対応。「AirPodsの充電ケースがわざわざワイヤレス充電に対応する必要性なんて無いのでは?」と思っていた時代も僕にはあったが、今となっては愛用している機能の1つ。置くだけで充電されるのは本当に便利だ。

小さい変更点ではあるが、「AirPods Pro」に同梱されているケーブルは従来のUSB-A端子のLightningケーブルではなく、USB-C端子のものに変更されている。これはつまり、万が一「AirPods Pro」の電池が切れてしまった場合、「MacBook Pro」や「iPad Pro」にあるUSB-Cポートに直接繋いで充電することができるため、使い勝手は良い。

耐水仕様:ジムでも安心して利用可能に

ジムに通っていると、「AirPods」をトレーニング中に使っている人の多さに驚く。いや、それ耐水性能無いんですけど……。

トレーニング中に「AirPods」を使いたい人は、今後「AirPods Pro」を購入すればいい。Powerbeats Pro」と同じ防水規格「IPX4」を満たしているため、ちょっとぐらいの汗なら問題なく使えそうだ。

ただし、あくまでもは耐汗・耐水仕様となっていて、決して防水仕様ではない。9段階ある基準値として4番目であり、短距離かつ全方向から10分間水をかけても耐えられる性能となっているため、もちろんプールの中は使用不可。海は以ての外(塩水は電子機器に最悪)。

服に入れたまま洗濯機を回してしまった日にはゲームオーバーの可能性が高いので、くれぐれもIPX4仕様であることを過信しないようにおすすめしたい。

まとめ:AirPodsよりもさらに買う価値のあるAirPods Pro

AirPods Pro 2019 Review 18

「AirPods Pro」は「AirPodsがこうだった良かったのに」という理想の多くが実現されている。残念ながらブラックなどのカラーバリエーションは用意されなかったものの、ノイズキャンセリング機能を持ち、耐水性能になり、音質も強化された。妻と軽く検証したところ、音漏れも多少は改良されているようだ。

ではここで改めて「AirPods Pro」と「AirPods」の違いを比較してみよう。

AirPods Pro AirPods 2
Hey Siri
ワイヤレス充電対応ケース
バッテリー駆動時間
(単体で利用した場合の再生時間)
最大4.5時間(ANC有効時) 最大5時間
バッテリー駆動時間
(充電ケースを使った場合の再生時間)
24時間以上 24時間以上
イヤーチップ S/M/Lからカスタマイズ可能 固定
H1チップ
アクティブノイズキャンセリング
耐汗・耐水性能
価格(税別) 27,800円 22,800円

「AirPods」はワイヤレス充電ケースを不要とすれば17,800円から購入することができるが、「AirPods Pro」は27,800円から。1万円の価格差は正直大きい。そして、税込み価格で3万円を超えるとなると、決して手軽に変える価格帯ではなくなりつつある。

3万円となれば、同じく完全ワイヤレスイヤホンで音質を追求したものや価格がより手頃なモデルなど様々な選択肢が存在する。すべて聴いてきたわけでもないので一概に「AirPods Pro」の方が良いとは言えないが、iPhoneとの連携力に優れ、1日中身に付けていても違和感のない心地良さとすべての音を卒なくこなす音質が実現できるのはApple純正品だけだろう。

そして、僕は「AirPods Pro」を体験した以上、もはや通常の「AirPods」のワンランク上をオススメせざるを得ない。欲しい時にすっと入るノイズキャンセリング、幅広いシーンで安心して使える耐汗・耐水仕様、改良された音質に慣れてしまうともう戻れない。耐汗・耐水仕様だけで言えばフィットネス用を謳っている「Powerbeats Pro」と同じ基準を満たしているため、普段使いでもジム使いでも使えてしまう。

そう考えると、いつでもどこでも使える完全ワイヤレスイヤホンに3万円はむしろ安いかもしれない。ハードに使う人は「AppleCare+ for ヘッドフォン」への加入はお忘れなく。購入日から30日経つと加入できなくなるので。

完全ワイヤレスイヤホン市場を圧倒的なシェア率で支配していると言われている「AirPods」が、今回、さらに進化してしまった。「AirPods Pro」はそのシェアをさらに伸ばしそうだ。

Apple AirPods Pro
Apple AirPods Pro

posted with amazlet at 19.10.30
Apple(アップル) (2019-10-30)
売り上げランキング: 2
AirPods Pro
9.0/10
ギャラリー
コメントを残す(24件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(24件)
  1. ケースのことで星1です

    AirPods自体はGPSついてるしとてもいいんだけど、なぜケースにもGPSに付けなかった?ケースも付けないと意味ないだろ
    AirPodsのケースすぐなくすしこういうとこがApple劣ってるよな

    1. g.O.R.i

      ちょっとまってくださいね、たしかにその機能があった方が助かるというのは100%同意ですけど、AirPodsのケースなくすのはどう考えても自業自得ですしそれをAppleに技術での解決を押し付けるよりも自分がなくさないような努力をしましょうよ……

      AirPods Proケースにケース付けましょ!僕はカラビナ付きのケースに入れてカバンの中にあるホックみたいなところに引っ掛けてますよ!

  2. Natsuki eve

    初投稿いたします。うどん部分を押した時ですが、耳からカチッとクリック音が鳴るだけで、指先への触覚フィードバックはないように思うのですが

  3. しゅう

    Powerbeats Proを愛用してるのですが、、、。この記事を読んでぐらついています。。。

    ほ…ほしい。。

    1. g.O.R.i

      すごく気にいってますよー!!こないだ結婚式に行った時に荷物を減らしたくてこれ持ち出したんですけど、すごい良かったなあーって思いました!荷物少ないって素敵!

  4. やぎ

    goriさんのレビューを見て、airpods pro購入しました!買って正解でした。
    一つ質問させてください。ノイズキャンセリングを切り替えるときのポーンという音が、結構大きいと感じるのですが、いかがですか?

    1. g.O.R.i

      おお、よかったです!ちょっと気になるといえば気になりますが、なんか慣れました僕はwあの音、調整できたら良いんですけどね〜

      1. 通りすがりの読者

        返信ありがとうございます。そのうち慣れますかね⁈
        調整できるようになると良いのですが、、

        1. g.O.R.i

          慣れると思いますー!多分……!

  5. あなやな

    いやー発売直前にSONYのWF-1000XM3を買ってしまって。。。
    SONYのは音質、ノイキャンは許容範囲なんですが接続性がいまいちで、
    普段QC25と使い分けているんですが、Bluetoothのプツプツ切れ具合が半端ない。
    QC25が音質がいいのは当然ですけどねw
    ゴリさんのレビューみてかなりぐらついてます。レビューありがとうございます!

    1. g.O.R.i

      僕も実は直前にWF-1000XM3を視聴したのですが、凄いノイズキャンセリング良かったのですが、ソフトウェア系が全然駄目なんですよね……接続の安定性は過去のモデルは本当に最悪でしたw

      本当に良いですよ!僕も明日はAirPods Proを持って取材に行くことになりそうです!移動中が楽しみ!

      1. あなやな

        iPhone,AppleWatchとの親和性考えたら迷う余地なし、なんですよね~。SONY視聴されてましたか!あと半月待てばよかったあああああ。
        取材頑張ってください!応援してます!!

  6. attrip

    ノイズコントロールのやり方は、色々あるんですね。
    しっかりとしたレビューでとても参考になりました!ありがとうございます!

    1. g.O.R.i

      わざわざこちらにまで来ていただいて!笑 ご丁寧にありがとうございます!

  7. 通りすがりの読者

    AirPodsPro購入しようと考えてます。
    とても参考になる記事で、知りたいことが明確にわかりました!
    AppleCareは入った方が良いのでしょうか?

    1. g.O.R.i

      壊したり紛失したりする可能性がありそうであれば、入っておいた方が安く済みますね!

    2. g.O.R.i

      ただ、僕は紛失したり壊したりしたこともないので、個人的には入る予定はないです!

  8. Apple大好きマン

    goriさんに相談させてもらい当日にゲットすることができました。
    電車で使っていますが、ノイキャンの効果はハンパないですね(笑)

    ただPowerbests Proも素晴らしいイヤホンなので、
    どっちを使っていくのか悩んでいます。。。

    1. g.O.R.i

      ですよねー!!!
       
      僕としては、Powerbeats Proは運動用として割り切っていこうと思っています!やっぱりイヤーフックが合ったほうが安心できますし、すべての用途に使えるのは魅力的ですけど全部使っているとすぐ電池がヘタってしまいそうでw

      1. Apple大好きマン

        僕も分けてみます!
        運動をそこまでするわけじゃないので曜日とかで変えてみます(笑)たしかにバッテリー的には分けるほうが優しそうですもんね!

  9. こば

    いろいろあるAirPods Proレビュー記事の中で、1番読みやすく、理解しやすかったです。
    いつもレビュー記事は途中で飽きて読むのをやめるんですが、痒いところに手が届く、次へつぎへと読みたくなるレビュー記事で、長文なのに最後まで疲れる事なく読み切れました。
    ありがとうございました。

    1. g.O.R.i

      嬉しすぎる……ありがとうございます!!頑張って書いた甲斐がありました!!

  10. 通りすがりの読者

    5時間の充電で1時間使えるんですね

    1. g.O.R.i

      完全に意味不明な仕様ですね、すぐ直しましたありがとうございます(;´∀`)

「AirPods」新着記事
トレンド検索