ワイヤレス充電対応の「AirPods」、発売!ケースも単体販売

AirPods Wirelerss charging case

Appleは3月20日、ワイヤレス充電に対応した「新しいAirPods with Wireless Charging Case」を発売した。価格は22,800円(税別)。

すでに「AirPods」を持っている人は、ご安心を。Appleは今回、ワイヤレス充電ケースを単体で販売している。価格は8,800円(税別)。

「Apple H1」チップを搭載、「Hey Siri」に対応

最新モデルは「Wireless Charging Case」をQi対応の充電マット上に置くだけで充電可能。充電中はケース前面のLEDインジケータが点灯する仕様。引き続きLightningポートによる有線接続充電にも対応する。

新しい「Apple H1」ヘッドフォンチップを搭載し、光学センサーとモーション加速度センサーによって、あなたの耳に装着されたことを感知することが可能に。両耳で聴く時も、片耳だけの場合も、H1チップはイヤフォンへのオーディオの送信とマイクロフォンの接続を自動で行う。

H1チップ搭載の恩恵は大きい。使うデバイスの切り替えは最大2倍高速、電話の通話への接続は1.5倍高速になった。また、ゲームでのレイテンシが最大30%低減しているという。

最新モデルは両耳でも片耳だけでも利用でき、「Hey Siri」もサポート。引き続きイヤホン本体のダブルタップによる操作にも対応する。

電池持ちは、1回の充電で5時間の再生と3時間の通話が可能。ワイヤレス充電対応のケースを利用すれば24時間以上連続して使うことができる。

イヤホンは急速充電にも対応し、ケースで15分充電するだけで3時間の再生または2時間の通話が可能だという。

なお、従来の「AirPods」は廃止され、ワイヤレス充電非対応のケースと進化したH1チップを搭載した「AirPods with Charging Case」として発売されている。

「AirPods」新着記事
トレンド検索