【レビュー】Beats Fit Pro:”AirPods ProのBeatsモデル”

AirPods Proの性能をAirPods 3の価格で実現

Beats Fit Pro Black Review 03

Beatsブランドの新しい完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro」が国内で1月28日より販売開始する。価格は24,800円。

Apple H1チップを内蔵し、空間オーディオ、ダイナミックヘッドトラッキング、デバイス同士の自動切り替え、オーディオ共有機能をサポート。イヤーチップは交換可能で、アクティブノイズキャンセリング(ANC)や外音取り込みモードに対応する。

国内発売を前に一足先に体験してきた。AirPods Proに引けを取らない音質や機能を実現しているが、充電ケースが大きくワイヤレス充電に対応していない。僕のAirPods Proを置き換えることはないが、充電ケースが問題でなければヘタってきたであろうAirPods Proの買い替え候補としておすすめだ。

AirPods Proと比べて無駄に大きいケース、ワイヤレス充電は非対応

Beats Fit Proは、ANC有効時で最大6時間の連続再生時間を実現。ケースの利用で合計最大27時間利用できる。5分間で最大1時間の再生が可能になる急速充電機能「Fast Fuel」にも対応する。
Beats Fit Pro Black Review 04

充電ケースは、Powerbeats Proと比べて小型化したが、AirPods Proと比べると一回り大きい。
Beats Fit Pro Black Review 05

ワイヤレス充電には非対応。価格を抑えることに貢献している可能性はあるが、使い勝手は悪い。充電端子はUSB-Cを採用している。
Beats Fit Pro Black Review 06

イヤホン単体のサイズは、AirPods Proとほぼ同じ。ステム部分を摘むことで操作するAirPods Proと異なり、Beats Fit Proはロゴ部分がボタンになっている。
Beats Fit Pro Black Review 08

イヤーチップには独自のウィングチップを搭載しており、激しい運動中でもしっかりフィットするように設計されている。交換可能で、S、M、Lの3種類から選択できる。
Beats Fit Pro Black Review 09

iPhoneとペアリングした際のコントロール画面は、AirPods Proと同じ。「ノイズキャンセリング」「外部音取り込み」「オフ」の3種類から切り替えられる。イヤーチップの装着状態をテストする機能も用意されており、適したサイズが確認できる。

簡単ペアリングに対応、Androidでも利用可能

Apple H1チップを内蔵してるため、ペアリングは近づけるだけで開始する。このペアリングに慣れてしまうと、一般的なBluetoothデバイスとのペアリングが面倒で仕方がない。

Beats Fit Pro Black Review 11

Beats Studio Budsで非対応だった自動デバイス切り替えもサポートしており、一度ペアリングすればMacやiPadでもシームレスに切り替えられる。接続したいデバイスに都度ペアリングする手間がない。

専用のBeatsアプリを使用すれば、Androidスマートフォンでも同様のペアリング体験を実現。ワンタッチペアリング、コントロールのカスタマイズ、バッテリー残量の確認、ファームウェアアップデート、装着状態テストの機能が利用できる。

AirPods Proに似た音質、優れたフィット感が魅力

Beats Fit Proの装着感は、ウィングチップのお陰でAirPods Proよりも収まりが良い。Appleは「あらゆるスポーツのアスリートによる徹底的なテストから生まれたユニバーサルデザイン」と説明しており、激しい運動中でも安心して使えるだろう。

Beats Fit Pro Black Review 12

音質はAirPods Proと似ているが、”Beatsらしさ”は残されている。低音は必要以上に強調されておらず、音楽からポッドキャストまで快適に視聴できた。空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングをサポートしており、リッチなサウンド体験が完全ワイヤレスで楽しめる。

Beats Fit Pro レビュー:AirPods Proの性能をAirPods 3の価格帯で

Beats Fit Pro Black Review 04

Beats Studio BudsはAirPods Proの素晴らしさを再確認するような仕上がりだったが、Beats Fit ProはAirPods Proユーザーが満足できるだろう。激しい運動でも抜け落ちないフィット感の良さ、イヤホンを押し込む操作性USB-Cポートの搭載は、AirPodsシリーズにはない特徴だ。

音作りや、ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの精度はAirPods Proに引けを取らない。ウィングチップのお陰でフィット感が増しており、普段使いだけではなく運動用のイヤホンとしても使い勝手が良い。

Beats Fit Proの完成度は、見方によっては「AirPods Pro以上」だが、僕のAirPods Proは置き換えられない。充電ケースが大きすぎるからだ。タイトなジーンズにねじ込むと、明らかに存在感がある。イヤホンの使用中は充電ケースをポケットに入れるため使い勝手が悪い。

ワイヤレス充電に対応しない点も致命的だ。AirPods 3や最新のAirPods ProはMagSafeにも対応しており、マグネットで充電位置が合う。Beats Studio Budsは非対応でも使い続けているが、充電は面倒だ。

対応アクセサリも限られている。Amazonにおける、AirPods 3用ケースとBeats Studio Buds用ケースの検索結果数は60倍の差がある。単体で使用する分には問題ないが、ケースを付けたいのであれば選択肢は限られるだろう。

充電ケースが問題でなければ、Beats Fit Proはコストパフォーマンスが非常に良い。以下に、Beats Studio Buds、AirPods 3、AirPods Proの仕様を表でまとめた。Beats Fit ProはAirPods 3とわずか1,000円差。ワイヤレス充電以外はAirPods Proと同じ仕様だが、約6,000円安く購入できる。

Beats Fit Pro
Beats Studio Buds
AirPods 3
AirPods Pro
価格 24,800円 17,800円 23,800円 30,580円
イヤーチップ 3サイズ 3サイズ 3サイズ
有線充電 USB-C USB-C Lightning Lightning
ワイヤレス充電 MagSafe MagSafe
バッテリー
(単体/ケース付き)
6時間/24時間 5時間/15時間 5時間/30時間 4.5時間/24時間
耳検知
探す対応
ノイキャン/外音取り込み
空間オーディオ
自動切り替え
防水性能 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4

AirPods Proの次期モデル(AirPods Pro 2)は、2021年後半まで登場しない。AirPods Proを発売日から使い倒している人は、電池が公称値を大幅に下回っているはずだ。

確実に発表される保証のない「AirPods Pro 2」まで我慢できるのであれば待ち続けても良いが、充電ケースが問題なければBeats Fit Proを検討してはどうだろうか。

(Special Thanks: Macお宝鑑定団Blog

Beats Fit Pro
9.0/10
ギャラリー
関連キーワード
特集
公開情報
更新日2022年01月25日
コメント(5件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:620683)

    AirPods Proより値段安いのに単体でのバッテリー持ちが6時間ってのも魅力ありますよね

  2. 通りすがりの読者(コメントID:620658)

    ありがとうございます!
    Apple限定なんですね、どうりでアマゾンでは探せなかったです。

  3. g.O.R.i(コメントID:620648)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:620644)
    画像の AirPods Pro のケース、高級感があって良いですね! 何処のメーカーの物ですか? よろしければ教えて下さい。

    こちらです → https://gori.me/music-accessories/airpods/123998

  4. 通りすがりの読者(コメントID:620645)

    耳かわいい

  5. 通りすがりの読者(コメントID:620644)

    画像の AirPods Pro のケース、高級感があって良いですね!
    何処のメーカーの物ですか?
    よろしければ教えて下さい。

「イヤホン」新着記事
トレンド検索