Twitterとラジオ

今日先輩がTwitterとラジオがなんか似ている、ということについて呟いていたので、それについてちょっと考えてみた。

一見確かに似ているように思えるのは確かだ。だが、いざ何が似ているのか、と聞かれると意外と思いつかない。

Twitterは自分から発信することができる。それが真の使い方であると思っていた。自分がその時思いついたことを発信し、その発信したものに共感したり継続して発信を受け取りたい人がその人をフォローする。Twitterというササービスはあくまでも発信を主体としておいたものだと思っていた。

しかし、実はTwitterRSSの代替サービスとして使うのであれば発信しなくても非常に強力なツールになることは間違いない。情報をかなりのリアルタイム性を持って得る、という点はかなりラジオに似ている。

とすればTwitterとラジオの共通点は「情報の垂れ流し」という点において似ているのかもしれない。Twitterは読み流し、ラジオは聞き流す。そして何よりもリアルタイム性が高い媒体であることは大きな共通点であろう。

今後ラジオとTwitterとかが新しい形で融合し、新しい形のメディアになったりしたら面白いだろうなぁ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitter」新着記事
トレンド検索